産後クライシスを知っていますか?

初めての出産。それは夫婦にとってもっとも幸せな瞬間のはず。しかし、それが不仲の始まりになることもあるのです。民間の研究機関の調査で『出産後妻の夫への愛情が下がり続ける』ことが去年、明らかになりました。 しかも専門家によれば産後にいったん下がってしまった愛情はその後、ほぼ回復することがないといいます。産後は夫婦の愛情にとって危機、この現象を今回「産後クライシス」と名づけ、「あさイチ」で取り上げました。

産後クライシスは、NHKが提唱してから始まった「産後の夫婦仲の悪化」とういう現象を指す用語であり、そこから反響を呼び広まりました。産後鬱は幅広く知られていましたが、これまで夫婦仲にスポットを当てて深く問題を取り上げる事はありませんでした。

実際の産後クライシスの事例

愛する人との初めての子。それまで味わったことのない幸せに包まれるはずだったが、現実は違った。おっぱいは十分に出ず、うまく飲ませられない。ようやく授乳を終え、ミルクを与え、おむつを替え、哺乳瓶を洗ったころには、次のおっぱいの時間。心はジェットコースターのように浮き沈みし、体は鉛のように重かった。

 夫は出産当日から休暇を取り、子どもの世話と家事を引き受けてくれた。私は夫に感謝しつつも、当たり散らすことを止められなかった。
「勝手にメンタルが落ちていく妻、そういう妻とまったく向きあおうとしない僕」となって、どんどんすれ違いが広がり、結果として2年半も引きずり続けてしまったんでしょう。

夫が家事や育児は女性の仕事といって非協力的な事から自体が悪化して産後クライシスとなる場合もありますが、どれだけ夫が育児に協力的であっても引き起こされる場合もあります。そして、もともとどれだけ夫婦仲が良くても、誰でも産後クライシスになってしまう可能性があるのです。

産後クライシスの原因

●ホルモンバランスの変化

妊娠・出産により、ホルモンバランスがとても変化する時期で、母乳の分泌を促進するプロラクチンというホルモン物質が「敵対感情」に作用するといわれています。

●父親の自覚がなく、育児や家事に非協力的な夫

家事・育児は女性の仕事、という考えの人はまだまだ多いです。例え何かしてくれたとしても「手伝ってあげたよ。感謝してね」という雰囲気の言われ方が、不満につながる事も。同じ子供の親なのになぜ「当たり前」に出来ないのか、なぜ自分ばっかりなのか、という所から妻に不満が募っていくようです。

●ライフスタイルの激変

仕事をバリバリしていた女性は、オシャレをして外でキラキラ輝き働く同僚と比べて、家の中で外に全く出ず子供と二人きりの生活はまるで社会から取り残されたような感情になるでしょう。そうでなかったとしても、友達とも会えず買い物すらままならず、家の中で慣れない育児に一日中ほとんど寝ずにおっぱいやミルク、人一人の命が自分にかかっているというプレッシャーに体力も精神的にも限界でぼろぼろになってしまいます。一方、夫は父親になってもライフスタイルに激変はなく付き合いで飲みに行ったりとお互いの溝が出来てしまうようです。

●イクメンブームの中で周りと比較して焦りを感じる事

世の中は「イクメン」とうものが幅広くされるようになって、世の中の女性は父親も積極的に育児参加をするものという理想を抱いてしまい、つい周りの「イクメン」と比較しがちですが、ハードスケジュールで働き続ける夫や里帰り出産などをして育児参加できず育児にどう参加していいか分からない夫、または「イクメン」が当たり前となって感謝を抱かなくなった事などがトラブルの原因としてあげられるようです。

●コミュニケーション不足や夫婦間の温度差

ライフスタイルが激変する事なく働き続ける夫と、大変な出産した後も不安な育児疲れの夫婦間で温度差が生じる事は当然のことです。夫も家族の為に仕事を頑張って疲れていて、妻は夫が仕事の間や寝ている間も一人で不安ながら子供と向き合い続けています。コミュニケーションがうまく取れなくなっていくようです。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

結婚率1%未満…40代以降でも結婚できる男女の特徴とは?

未婚率の上昇が叫ばれている今、40代以降でも独身の男女はとても増えています。しかし中には、結婚したくてもなか…

snowsnow / 2823 view

【結婚生活に必要なスキル】愛だけで生きて行けますか?

好きになって結婚したはずなのに、パートナーとの生活に疲れている自分。一体なにが問題なのでしょう?結婚生活に必…

ひらり / 1392 view

婚活を成功させるために抑えておくべきポイントまとめ

婚活を成功させるためのポイントをまとめてみました。

ajigadaisuki / 2184 view

ママのリラックス効果を高めてくれる♡自宅で癒されるアイテム10選!!

ストレスは体に良い影響を与えないばかりか、家庭環境も悪化させてしまいます。心の健康は、とても大切なことです。…

HF-LIFE / 3169 view

今までの感謝を形に♡喜ばれる結婚式での両親へのプレゼント5選

最近では結婚式でプレゼントをして両親への感謝の気持ちを表現するといった形が増えているようです。でもいったい何…

sumomomama / 1783 view

いざという時の為に知っておきたい家族葬のメリット・デメリット

徐々に主流化しつつある家族葬。言葉だけ知っていても、具体的に普通の葬儀と何が違うか分かりますか?今回は、家族…

citrus mama / 1439 view

【号泣】日本一泣ける漫才。病気の母に捧ぐ結婚式。

感動して泣いてしまいました。やっぱり結婚式は良いですね。ぜひ観てください♪

harumama / 5890 view

結婚式グッズの準備リストに加えたいおしゃれなプチギフト10選

結婚式の準備品として欠かせない、ゲストへのプチギフト。ちょっとしたプレゼントではあるものの、新郎新婦の人柄が…

tujico / 1734 view

「どうしてそんなに疲れてるの?」ママのイライラが理解できないパパに知ってほしい子育て…

仕事で疲れて帰ってきて、ママにイライラされるのはパパだってつらいでしょう。でも「どうして?」という言葉を投げ…

よしだ あき / 2666 view

結婚式で両親に感謝のサプライズプレゼント10選☆彡

人生最大のイベント、結婚式。その感動の場をさらに盛り上げてみませんか?どんなものを贈ればいいの?あなたらしい…

rinsei42 / 3171 view

kanakuma

待機児童激戦区に住んでいる2歳児を育児中の主婦です。育児を通して感じた事を活かし、少しでも皆さんのお役に立てる記事を執筆できるよう頑張ります。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック