子どもとお葬式に参列するときは…

子どもにお葬式の意味を伝える

まず、これからお葬式に行くことを伝えます。いつもの家族と違う表情を見て、子どもは緊張することでしょう。
「○○さんのお別れにいくよ」「○○さんは家族にとってとても大切な人だよ」ということを伝えておくと、子どもなりに心の準備をするようです。

葬儀場に直接連絡しておく

葬儀場には、子連れで行くことを事前に知らせておくとスムーズです。乳幼児がいる場合は、授乳やオムツ交換ができるか、ベビーカーの置き場所を確認します。親族の場合は控え室を使えるか、確認しておきましょう。

万が一、子どもがぐずってしまったときには退席できるよう、葬儀場のスタッフに伝えておきましょう。入退室しやすい座席や、タイミングも相談できます。
葬儀のときには、子どもだから許される、ということはありません。子どもに厳しい方もいるので、できるだけ低姿勢でいることが子連れのマナーとなります。

お葬式に相応しい服装

園児や小学生でしたら、一般的に、白いブラウスやシャツ、黒や紺のパンツやスカートを準備し、寒い季節でしたら同色のニットなどを着ます。制服を着ることもあります。
乳幼児の場合は、派手な色でなければ失礼にあたりません。薄い色のシンプルなものがあるとよいでしょう。

大人のマナーと同様、華美でないものがよいでしょう。女の子であれば派手なカチューシャなどは避けます。また、靴を脱ぐことがあるので、清潔な靴下を準備します。
黒いパンツやスカートは、普段から着られるようなシンプルな物を準備しておくと、突然のことでも安心です。最近では、ユニクロなど身近な店舗でも、リーズナブルな値段で購入できるようになりました。

持ち物

基本的には、通常の外出時と変わりませんが、音の出るおもちゃは避けましょう。控え室を使える場合は、ぬり絵やパズルなどを持参すると安心です。
普段のお気に入りグッズの他に、この日に初めて使うものがあると、飽きることなく遊びながら待つことができます。

暑い季節には冷房が効いているので、長袖や控えめな色のストールがあると安心です。子どもが寝てしまった場合にも使えます。
また、汚してしまった場合も考えて、もう一組、控えめな色の服を1セット持参しておくと、万が一の場合でも安心です。

当日のお手伝いなど



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

本当にいいの?ドラム式洗濯機のメリット・デメリット

洗濯機の買い替え時期が近づくとドラム式か縦型かをまず悩みますよね。そもそもドラム式とは縦型と何が違うのか?ド…

sumomomama / 3294 view

お子さんがいるご家庭にオススメ!便利家電7選

家事に子育てに忙しい毎日を送るご家庭に、特にオススメしたい家電をまとめてみました。

akimama / 5118 view

結婚祝い・入学祝いにおすすめ!かわいいぬいぐるみの電報7選

メールやSNSでお祝いのメッセージを簡単に送れるようになった今、電報はなかなか馴染みがないかもしれません。で…

citrus mama / 3471 view

こまめに替えて!実は雑菌繁殖しやすいお手拭タオル

キッチンや洗面所、お手洗い。お手拭タオルを置いているご家庭多いと思いますが、こまめに取り換えないと、 「手が…

さくらしまこ / 11225 view

うっかり服についてしまった化粧品汚れ…綺麗にシミ抜きする方法は?

お気に入りの服やおニューの服に、化粧品の汚れがついてしまったら嫌ですよね。 しかも化粧品って、一度ついたら簡…

SnoaraLaredo / 1032 view

面倒なメザイクとはサヨナラ!最新の二重メイクで自然な目元作り

日本には一重で悩んでいる女性は多いため、毎日メザイクをしている人も多いと思います。最近は様々なメザイクがある…

Lipzen64 / 1007 view

本州とどう違うの?北海道の葬儀の一般的な流れとマナー

転勤や単身赴任など、引っ越しで本州から北海道に来た人はちょっとした風習の違いに驚くことや戸惑うことがあるかと…

citrus mama / 6998 view

ニトリで見つけた子ども用にも安心な洗える布団おすすめ5選

お値段以上?!でお馴染みのニトリ。子ども用におすすめの布団やカバーをご紹介します。子どもがぐっずりと眠れる環…

サクマメグム / 5667 view

可愛いママって言われたい!プチ手間で断然変わるメイクの仕方

子どもを産んだって可愛くいたい!そう思うママはたくさんいますよね。ちょっとしたひと手間で、「ちゃんと可愛い」…

tujico / 3860 view

【えっ意外!?】10・11月からでも育てられる野菜・果物7選

夏まではガーデニングも楽しめたけど、冬になるから一旦おしまい。と思っているならちょっと待ってください!10月…

nana2boys / 24619 view

サクマメグム

好きなことは食べること。
3人の子育てという楽しい地獄(!)を満喫しています。
思い出をたくさんつくりたい。
おもしろいことや様々な情報を、たくさんの方々と共有したいと思っています。
食物アレルギーについて勉強中です。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック