妊婦健診でもらったエコー写真、どうやって保管・保存していますか?保存状態がどんなに良くても、時間の経過とともにエコー写真はどんどん消えていってしまうということをご存知ですか?
エコー写真が消えてしまう理由と、保存・保管方法をご紹介しますね。

エコー写真とは?

妊婦健診に行くと、お腹の超音波検査が行われます。その時に撮影したお腹の中の写真のことをエコー写真と言います。妊婦健診に行くたびに、大きくなっている赤ちゃんのエコー写真を見ると、嬉しくてほっこりして、安心しますよね。

その時の思いのまま保存しておきたいと考えるママはとても多いです。あえて母子手帳に挟んだまま保管しているママもいますし、ポケットアルバムに挟んで保管しているママもいますね。

でも、その保管方法は要注意です!

エコー写真の多くは感熱紙だったり、インスタント写真紙だったり…最近では、ほとんどのエコー写真が感熱紙ですね。感熱紙もインスタント写真紙も、時間の経過とともにどんどん色褪せていって、最終的には消えてしまう性質があります。

感熱紙の代表格と言えば、レシートが思い浮かびますね。レシートは後で見返そうと思っても、何だか薄くなっていたり、消えて見れなくなってたりすることがあると思います。
エコー写真も感熱紙なので、もれなく多少なりとも薄くなったり、消えていったりするもの…

大切に保管していても、2~3年程度で消えてしまうのが普通です。消えてしまうのが嫌な方は、そのままの状態で保存・保管しておくのは、あまりにも危険です。

エコー写真の保存方法

写真を撮る

エコー写真をもらったら、写真を撮っておきましょう。写真を撮影するなんて、何だか不思議な感じもしますね。なんだったら、ずいぶんアナログな方法だなと感じる方もいるかもしれません。
でも、実際には、これが一番安全で、確かな方法なんです。

そのまま写真のみを撮影するのもOKですが、せっかくならその時のことを思い出せる形で撮影するのもいいですね。例えば、季節を表すものと一緒に撮影したり、お腹の膨らみ具合と一緒に撮影するのはいかがでしょうか。

その時の嬉しい気持ちのまま撮影するつもりで写真に収めると、後で見返した時にも「そうそう!この頃から胎動があって嬉しかったんだ!」「この頃に初雪があったんだ!」「この夏は暑かったな~」と思い返すことができますね。

ポイントとしては…
①光の反射を防ぐ
②手振れを防ぐ
の2点です。

特に、光の反射で撮り損ねるというのはよくあります。写真を撮影する角度や、光の当たり方を確認してから撮影するようにしてくださいね!

コピーする

自宅の複合機でのコピーやコンビニのコピー機でコピーをするというのも一つの手段です。ただ、先にも言ったように、エコー写真は感熱紙のものが多いです。

機種や機械によっては、感熱紙をコピーすると、原版まで真っ黒になってしまうタイプのものもあります。実際にそういったトラブルもあります。事前に、不要なレシートでコピーができるかどうか試してから、エコー写真のコピーを行うようにしてくださいね!

コンビニのコピー機では、写真をコピーできる「写真コピー機能」を備えているものもあります。こういったものを使ってもいいですね。ただし、あくまでもコピーなので、現物と全く同じ色合い、風味が出せるわけではないことを承知しておいた方がいいかもしれませんね。

スキャンする

スキャナを備えた複合機がある方は、スキャナーで取り込むというのもいいでしょう。比較的、現物に近い色合いのまま取り込むことができるような機種もありますので、そういった機種を使うのもいいですね。

スキャンした写真をパソコンに取り込んだり、SDカードやリムーバブルディスクに取り込んで保存するという方が多いと思いますが、データの消失や紛失がないように気をつけましょう。

万が一のデータの紛失や消失があった時のために、スキャンで取り込んだ後に、そのデータを写真としてプリントアウトしておくのがおすすめです。

写真屋で焼き増ししてもらう

自宅にスキャナやコピー機などがないという方は、写真屋さんでエコー写真を写真にしてもらいましょう。写真を写真にというと、何だか不思議な感じがしますが、感熱紙を写真用紙に印刷し直してもらうというと分かりやすいでしょうか。

こうすることにより、感熱紙で置いておくよりも持ちがよくなります。ただ、データで残るのではないので、感熱紙ほどではないですが、こちらもある程度は時間と共に色褪せをする可能性があります。
データでなく現物として手元に持っておきたいという方には、最適な方法だと思いますよ。

料金的には、1枚当たり100円~200円程度です。エコー写真の枚数がそんなに多くない場合には、とっても良さそうですね。
お店によっては、焼き増ししてもらった写真をCD-Rにも焼いてくれるサービスもあります。そういうものを活用してもいいですね。

写真屋でフォトアルバム・フォトブックにしてもらう

カメラのキタムラや、インターネットの通販などを使って、フォトブックやアルバムにしてしまうというのもいいですね。コメントを入れることができたり、自分の好みにレイアウトが可能だったりするので、思い入れの強い1冊が出来上がります。

お値段は3,000円程度かかりますが、きちんとした本になって、きれいな状態で保存できるというのはとても嬉しいサービスですね。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

【防犯グッズ】自分で家族を守る!取り付け簡単なおすすめ6つ

毎日のお仕事や年末年始のお出かけなど、家をあけることが多いfamimo世代。「防犯」について気になりませんか…

ひらり / 1451 view

結婚祝い・入学祝いにおすすめ!かわいいぬいぐるみの電報7選

メールやSNSでお祝いのメッセージを簡単に送れるようになった今、電報はなかなか馴染みがないかもしれません。で…

citrus mama / 2796 view

大掃除の準備は100均で始めよう!お財布に優しい便利グッズ5選

今年も残すところわずかとなりました。 少しずつ掃除を始める人もいるのではないでしょうか? 毎年行なう大掃除に…

HF-LIFE / 4962 view

収納やインテリアに大活躍!ショップの紙袋はリメイクして使いましょう!

デザイン性が高く丈夫なショップの紙袋。ついつい溜めてしまっていませんか?簡単にできるリメイク法をご紹介いたし…

よしだ あき / 6120 view

きれいな字になりたい!!おすすめペン字練習テキスト5選

パソコン・携帯に慣れてしまってすっかり字を書くのはご無沙汰…いやいや、幼稚園・学校には先生とやり取りする連絡…

ikanago / 129759 view

家族で楽しむ「ふるさと納税」

「ふるさと納税」でおもしろいのがその特典。寄付した金額に応じて、ほとんどの自治体が特典を用意しています。地域…

よんじ / 4424 view

【子育てママは要チェック】子育てしやすいアパートとは?

引越しを考える時、次の物件を選ぶときに様々なポイントに注目します。小さい子どもがいる家庭なら、少しでも子ども…

Nilfaret49 / 398 view

家族が増えたら買いかえる!?おすすめ洗濯機の選び方をご紹介

こどもの成長はなによりの喜びです。しかし、同時に増えてゆく洗濯物…。今回は、洗濯の量や回数に合った洗濯機をご…

サクマメグム / 2182 view

さらさらの髪♪赤ちゃんに優しいおすすめのベビーシャンプー8選

いつから使うの?いつまで使うの?どんなベビーシャンプーを選んだらいいの?と、とっても気になるベビーシャンプー…

ヤギヤギコ / 1025 view

【暖冬でも油断大敵】普段は降らない地域での雪対策とは?

今年は暖冬だといわれていますが、それでも普段は降らない地域で雪が降ったと話題にもなりましたね。めったに雪が降…

nana2boys / 1955 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック