アングルの確認

頭側から撮影するのか、足側から撮影するのかの確認は、非常に大切です。陣痛に耐えている必死な形相を撮られたくないというママも少なくありません。
また、足側から撮影するということは、赤ちゃんが出てくるところがバッチリ撮影されるということになります。

アングルをどちらからにするかは、後から見返す時のことを考えてもいいかもしれませんね。自分一人で楽しむために撮影するのであれば、どこから撮影されたものでも問題はないかもしれませんが、パパと見る、生まれた子供本人と見る、父母と見る、義父母と見るなどの可能性がある場合には、アングルには特に注意したいです。

タイミングの確認

家を出る時から撮影してほしいのか、産院についてから撮影してほしいのかも含めて、撮影タイミングの確認はしっかり行っておきましょう。
いきんでいる時や陣痛に耐えている時、ママが辛い時に、フォローを優先してほしいのか、撮影を優先してほしいのかも確認しておく必要があります。

陣痛がまだ軽い時のみ撮影してほしいのか、陣痛が強くなって分娩に入ってからも撮影してほしいのか、赤ちゃんが産まれた瞬間から撮影してほしいのか、こちらも後から見返す時のことを考えて、パパとよく話し合いましょう。

タイミングと一緒に、風景や時間、産院の入り口の撮影など、撮影してほしいもの・ところなどの確認も重要です。

出産動画を撮る注意点や心構え

パパがお産に間に合わない可能性もある

パパの仕事中やお出かけ中に陣痛が始まった場合、パパが出産自体に間に合わないという可能性もあります。
また、スピード出産で、あっという間に産まれてしまった場合は、ビデオカメラを用意する間がないという可能性もあります。

出産動画の計画をしていても、撮影ができないこともあると覚悟しておきましょう。

パパが怖気づいてしまう可能性もある

これはよくありますね。立ち合い出産にパパが怖気づいてしまい、撮影どころか分娩室にも入ってこれなくなってしまうというパターンです。
それまで、パパ主導であれやこれや計画を練っていたとしても、当日、突然、「無理~」と泣き出してしまうパパもいます。

出産には立ち合えたけど、いざ撮影しようとすると手が震えて上手に撮れなかったということもよくあります。後から見返したら、天井や床ばっかり撮影されていたということもあるでしょう。

お産の進み具合によっては、そもそも立ち合い出産がNGになることもある

順調に進むお産もあれば、お産がなかなか進まず、特別な処置が必要となる場合もあります。これは、どれだけパパとママで計画していても、当日その場にならないと分からないことです。

例えば、帝王切開になった場合など、お産の進み具合によっては、立ち合い出産自体がNGになってしまう可能性もあります。立ち会わなければ出産シーンの撮影はできませんので、撮影もNGとなってしまいます。

処置によっては、撮影NGになる可能性もある

例えば、赤ちゃんに何か処置をしなければならない場合や、会陰切開をする時やママのお腹から胎盤を出す時など、産院によっては処置の内容によって、撮影NGになることもあります。

医者や看護師、助産師から、今はお控え下さいという声がかかった場合には、指示に従うようにしましょう。許可が出てから撮影するようにしましょうね。

出産動画を残そう!

メリットとデメリット、ポイントや注意点をお話してきました。これで具体的にイメージがしやすくなって、パパとママが出産プラン・バースプランをしっかり話し合うことができるようになってもらえると嬉しいですね。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

産院2つの体制!意外と知らない母子別室と母子同室

産院には、母子別室と母子同室があることを知っていますか?少しづつ増えつつある、母子同室の体制。しかし認知度が…

HF-LIFE / 11514 view

妊娠する前に知っておきたい、胞状奇胎とは?その原因や症状

胞状奇胎という言葉を聞いたことがありますか?妊婦さんの500人に一人の割合で発症するというものです。その原因…

ReilyLady / 1479 view

妊婦さん必見!!妊活中に必要なおすすめサプリ5選

赤ちゃんが欲しいと思い妊活している女性、また妊娠がわかってワクワクドキドキの妊婦さん。そんな方々が必要とする…

ほのりかこう / 2205 view

陣痛に悩まされない!無痛分娩の実態

最近話題になっている無痛分娩。まだ日本の産院では、実施している病院が少ないのですが、少しずつ普及しつつありま…

HF-LIFE / 9367 view

一人の時間を楽しもう!産休・育休中にやっておきたい5つのこと

お子様が誕生したら、一人の時間や夫婦の時間はほぼなくなってしまいます。あとから「やっておけばよかった!」と後…

tujico / 2493 view

これだけ知っていれば安心!出産内祝いの『のし』のマナー

待望の赤ちゃんの誕生。かわいい赤ちゃんの誕生を周りの方たちにお祝いしてもらえることはとても幸せなことですよね…

makowork / 2378 view

大事な赤ちゃんの為にも受けよう!妊婦さんの歯科検診

赤ちゃんのために歯科検診なの?と思われる方も多いかと思います。ここでは妊婦さんこそ受けてほしい歯科検診につい…

yoc97★ / 1240 view

赤ちゃんの名前はどう決める?赤ちゃん名づけの5つのポイント

妊娠がわかった皆さまおめでとうございます。これから新しい命とともに幸せが増えていきますね。どんな準備があるの…

kokupu / 1647 view

戌の日のお参りはどこへ?安産祈願で有名な寺社5選

日本の昔からの習わしで赤ちゃんが無事に生まれますようにと祈願する日を「戌の日」とし、多くの妊婦さんが寺社を訪…

ほのりかこう / 2027 view

良質なベビー服をお得に買える人気アウトレット5選

赤ちゃんに着せるベビー服。やはり良質なブランドの服はおしゃれで長持ちします。お祝いのギフトにも喜ばれますよね…

pippo / 4593 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック