一般的に性感染症はコンドームで予防ができると言われていますが、HPVは女性の外陰部、男性の陰茎、陰嚢、男女ともに肛門周囲など、広い範囲に存在していると言われています。コンドームで100%防ぐことは出来ません。
定期的に検診を受けて、異形成の段階で早期発見をするのが、子宮頸がんに対する一番の予防方法といえますね。

子宮頸がんのステージとは?

子宮頸がん検査での結果としては、大きく「正常」「異形成」「がん」の3種類に分けられます。

子宮頸部異形成

子宮頸部異形成は、将来がんになる可能性のある病変ですが、がんではありません。程度によって、軽度、中等度、高度に分けられます。
子宮頸部上皮内腫瘍(CIN:cervical intraepithelial neoplasia)、日母分類(クラス)、ベセスダシステムで表されることもあります。

また、異形成は可逆性であるため、軽度異形成から高度異形成へと進行する場合もあれば、その反対に高度異形成から軽度異形成になる場合もあります。

■軽度(CIN1)…60%の方は1~2年で自然消失します。残りの内、30%の方は持続、10%の方は中等度異形成に進行します。検査結果が軽度異形成だった場合には、3~6か月に1回、定期的に検査を受ける必要があります。
↑↓
■中等度(CIN2)…40%の方は1~2年で自然消失します。残りの内、40%の方は持続、20%の方は高度異形成に進行します。検査結果が中等度異形成だった場合には、2~4か月に1回検査を受ける必要があります。
↑↓
■高度+上皮内がん(CIN3)…20%の方は1~2年で自然消失します。残りの内、50%の方は持続、30%の方はがんに進行します。検査結果が高度異形成だった場合には、ほとんどの方が治療を進められることになります。

高度異形成の場合は、稀に上皮内がん(0期の初期がん)を含む場合がありますので、+上皮内がんと表示しています。実際に高度異形成で手術を行い、取った組織の病理検査を行うとステージ0期のがん(上皮内がん)だったということも珍しくありません。

子宮頸がん

子宮頸がんは0期~Ⅳ期の5段階に分けられます。

■0期…早期のがん。がんが粘膜上皮内にとどまっているもの。5年生存率は約100%

■Ⅰ期…がんが子宮頸部のみで、子宮体部などほかに広がっていないもの(子宮体部への浸潤は考えない)。がんの深さや広がりの程度によって、Ⅰa1、Ⅰa2、Ⅰb1、Ⅰb2の4つに分けられます。5年生存率は約91%。
・Ⅰa1期…筋層浸潤の広がりが7mm以内、深さが3mm以内。
・Ⅰa2期…筋層浸潤の広がりが7mm以内、深さが3mmを越え5mm以内。
・Ⅰb1期…がんが4cmを越えない。
・Ⅰb2期…がんが4cmを越える。

■Ⅱ期…がんが子宮頸部を越えて広がっているが、骨盤壁または膣壁の下1/3には達していない。広がりによって、Ⅱa、Ⅱbの2つに分けられます。5年生存率は約73%。
・Ⅱa期…がんは膣内に広がっているが、子宮頚部の周辺の組織(子宮傍組織)には広がっていない。
・Ⅱb期…がんが子宮傍組織に広がっているが、骨盤壁または膣壁下方部分1/3を越えていない。

■Ⅲ期…がんが骨盤壁まで達するもので、がんと骨盤壁との間にがんでない部分を持たない、または膣壁の浸潤が下方部1/3に達するもの。広がりの程度によって、Ⅲa、Ⅲbの2つに分けられます。5年生存率は約56%。
・Ⅲa期…膣壁下方部分1/3を越えるが、骨盤壁には達していない。
・Ⅲb期…骨盤壁にまで達している、または尿管が潰れ水腎症や無機能腎を認める。

■Ⅳ期…がんが小骨盤腔(しょうこつばんくう)を越えて広がるか、膀胱・直腸の粘膜にも広がっているもの。いわゆる末期と言われる病期で、広がりの程度や転移によって、Ⅳa、Ⅳbの2つに分けられます。5年生存率は約21%。
・Ⅳa期…膀胱や直腸の粘膜へがんが広がっている。
・Ⅳb期…遠隔転移をしている。

Ⅰa1期までは子宮の温存が可能だと言われています。Ⅰa2期からは、子宮の摘出が必要です。妊娠を望むのであれば、この病期までには、病気の発見をしたいです。

子宮頸がんの治療方法

子宮頸部異形成

通常、婦人科検診などで行う細胞診で異形成の疑いがあると、精密検査が行われます。精密検査は、コルポスコープ診と組織診の2種類があります。

■コルポスコープ診
コルポスコープという拡大鏡を使って、膣壁や子宮頸部の粘膜表面を拡大して、肉眼では見ることができない病変の状態を観察します。

■組織診…コルポスコープ診で、異常があると思われる部分の組織を切り取って、顕微鏡で観察して診断します。子宮頸がんの確定診断の時にも行われる精密検査です。検査時に、組織を切り取るので、チクッとした痛みや出血がある場合もあります。

子宮頸部異形成の治療方法は、2種類です。

■円錐切除術…子宮頸部異形成の標準的な治療方法です。病変のある子宮頸部(子宮腟部+頸管)を円錐形に切り取る手術方法です。

メリットとしては、高度異形成もほぼ100%治癒します。
1番のデメリットとしては、子宮頸管が短くなることにより、円錐切除術後に妊娠した場合、円錐切除術をしていない方と比べて、早産や流産のリスクが、1.7倍~2.5倍程度高くなるということです。
手術をするために、通常2~3日の入院が必要だということもデメリットですね。

■レーザー蒸散術…異形成が発生した部位にCO2レーザーを照射し、病変を焼いてしまうという治療方法です。

メリットとしては、円錐切除術とは違い、子宮頸管が短くなることはないため、妊娠にあたって影響はないということでしょう。また、手術も20分程度で終わるため、入院の必要がない場合がほとんどです。通常は日帰り入院か、長くても1泊入院で済みます。
デメリットとしては、10~20%は、蒸散術後に異形成が再発することがあります。治療を終えて数か月後に再検査を行い、慎重に経過観察をしていくことになります。

※治療方法は、かかりつけの医師の判断によります。

子宮頸がん

組織診で子宮頸がんだと確定されたら、次はがんがどこまで広がっているかをみる検査が行われます。超音波検査とCT・MRI検査の2種類が行われます。

■超音波(エコー)検査
超音波を使って、リアルタイムで病変を検出する検査です。体の表面に超音波をあてて、臓器から返ってくる反射の様子を画像にします。膣の中から超音波をあてて調べる場合もあります。
子宮頸がんの性質や状態をみたり、がんと周囲の臓器との位置関係、他の臓器やリンパ節への転移の有無を調べることができます。

■CT・MRI検査
治療前に、病変の広がりを調べるために、X線(CT)、磁気(MRI)を使って体の内部を描きだす検査です。
肺、肝臓などの遠隔臓器への転移、リンパ節転移の診断、周囲臓器への浸潤の程度の診断に使われます。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

多くの方が悩んでいる花粉症の症状!おすすめの市販薬5選

花粉が飛ぶ季節になると、鼻水や鼻づまり・くしゃみなどの症状に悩まされる方は多いのではないでしょうか?今回はそ…

kaeru_5 / 667 view

子宮頸がんの検査は怖くない!当日の流れと検査方法を解説

女性が絶対に受けたほうがいいという子宮頸がんの検診、実際にどんな検査をするの?痛みはあるの?子宮頸がんの検診…

tujico / 1216 view

家族の悩み…。花粉情報をリアルタイムで知りたいときにはこれ!

花粉は一年中飛散しています。季節によっては症状が重くなってしまうことも。出かける前や洗濯物を干すときに、チェ…

サクマメグム / 490 view

ぶりかえす赤ちゃんのあせも…対策法や対処法について解説!

かゆくて痛くてつらそうな赤ちゃんのあせも、何とかしてあげたいと悩むママも多いのではないでしょうか。あせもとは…

tujico / 781 view

ママが倒れたら一大事!普段から病気を予防する健康食品

ママが倒れたら家の中が大変なことに、、なんて、一度は体験したことがあるのではないでしょうか?ママが健康でいる…

ReilyLady / 1078 view

ギクッ!と来てしまったらもう遅い!!どうしてなるのパパのぎっくり腰??

パパのぎっくり腰! これって突然襲いくる恐怖です・・・。 なかなか完治してくれないので、予防できるなら予防し…

HF-LIFE / 2830 view

赤ちゃんがかかる突発性発疹ってどんな病気?対処法5ステップ

子供のほとんどがかかると言われている突発性発疹。初めての熱がこの突発性発疹だったという子も少なくありません。…

ヤギヤギコ / 862 view

ついつい後回しになりがちな、パパの健康管理を考えよう!

子供の体のことは、いろいろ気がかりだけれど、パパのこととなると、ついつい後回しになりがち。しかも、肝心のパパ…

tikatika / 1095 view

初期症状を見逃さない!乳腺炎の症状はどんな感じ?

ママなら誰でもなる可能性のある乳腺炎。乳腺炎は初期症状を見逃さないことで、早めの処置を行うことができ重症化せ…

ヤギヤギコ / 1278 view

子どもの肌を守りたい!自宅でできる簡単虫よけスプレーの作り方

子どもの肌に安心安全な虫よけスプレー。作り方をご紹介します。とても簡単なので、家庭の常備薬となるかもしれませ…

サクマメグム / 697 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック