子宮頸がんってどんな病気?

婦人科のがんの中で一番多いのが、子宮のがん

婦人科の病気の中で、一番多いがんが、子宮がんです。子宮がんには、子宮体がんと子宮頸がんの2種類あります。
子宮体がんは、子宮内膜がんとも呼ばれ、妊娠すると赤ちゃんが育つところである子宮の内側(子宮内膜)にできるがんです。主に50代~60代、更年期~閉経後にかかる場合が多いと言われています。

一方、子宮頸がんは、赤ちゃんの出口となる、子宮頸部にできるがんです。子宮頸部は婦人科の診察で観察がしやすいため、早期発見されやすいと言われています。主に、30代~40代がかかることが多いと言われていますが、近年では、20代~30代でかかることも非常に増えてきています。

子宮頸部ってどこ?

イラストの通り、子宮頸部が子宮口から子宮体部までの間の、赤ちゃんの通り道となる部分です。

子宮頸がんの発生要因

子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV:Human Papillomavirus)というウイルスへの感染が大きく関係していると言われています。このHPVというウイルスは、性交渉で感染することが広く知られていますが、皮膚への接触でも感染します。
HPVは一般的には、手や足、性器などにイボを引き起こすウイルスです。

HPVへの感染は、そんなに珍しいことではなく、性交渉経験者なら7~8割以上がかかっているとも言われています。HPVへの感染は普通のことですが、この中から子宮頸がんになる人と、ならない人がいるのはどうしてでしょうか。

子宮頸がんの発生要因となるHPVには、100種類以上とも150種類以上とも言われる遺伝子型が存在し、子宮頸がんの発症リスクから「高リスク(ハイリスク)型」と「低リスク(ローリスク)型」に分けられます。子宮頸がんの発症リスクが高い、高リスク型は、現在、13種類あると推定されています。

この13種類のHPVに感染したとしても、ほとんどの場合が一過性のもので、時間の経過とともに体内から自然消失していきます。その割合は9割とも言われています。しかし、残りの1割の方は体内から消失せず、長い期間にわたる感染により細胞変化を引き起こします。

この細胞変化はがんではなく、「異形成」と呼ばれています。異形成になっても、半数程度の人はHPVが自然消失します。それでも消失せずに体内に残っている場合に、程度が悪化したり、子宮頸がんになっていってしまうのです。
HPVに長い期間感染していたとしても、この異形成を経るので、子宮頸がんの発症までは、数年から十数年かかると言われています。

こういうと語弊があるかもしれませんが、HPVは風邪をひくようなものだと考えると分かりやすいかもしれませんね。
普通に生活していると、ほとんどの方が風邪にかかります。→HPV感染
風邪にかかったとしても、ほとんどの方は自然に風邪ウイルスが体内から消失していきますが、中には長期化する方もいます。→HPVが細胞変化を引き起こす
長期化した方の中には、さらに悪化し、肺炎になる方もいます。→細胞変化から子宮頸がんになる
このように考えてみると、イメージがつきやすくなりますね。

他には、喫煙も子宮頸がんの危険因子であることが分かっています。

子宮頸がんの自覚症状は?

子宮頸がんの初期頃までは自覚症状はありません。もちろん、前がん状態である異形成でも、自覚症状はありません。

子宮頸がんがかなり進行すると、おりもの異常、不正出血や性交時の出血、下腹部や腰の痛み、月経量が増えたり、月経期間が長引いたりするなどの症状が現れることがあります。

子宮頸がんは婦人科検診で分かる?婦人科検診ではどんなことするの?

婦人科検診は、受ける自治体やクリニック、病院などの医療機関によって、項目に違いがあります。
通常は、子宮頸がん検査と内診を婦人科検診ということが多いですが、子宮体がん検査も含まれることもありますし、経膣超音波検査や乳がん検査も含まれる場合もあります。
予約時など、受診前に内容を一度確認するといいでしょう。

どちらの医療機関で受診しても、子宮頸がん検査と内診は必ずあります。

■子宮頸がん検査…膣から機械を挿入して、子宮膣部や頸部の細胞を採取します。
■内診…医師が膣に指や機械を挿入して、おりものの状態をみたり、子宮や卵巣の硬さや大きさ、痛みを伴うかなどを診察します。

自治体によって送られてくる時期に違いはありますが、多くの場合は20歳や25歳30歳などのタイミングでがん検診の無料クーポンや割引クーポンが届きます。そちらを利用して婦人科検診を受けるのもいいですし、ご自身でタイミングを見て検診を受けるのもいいでしょう。

自治体からのクーポンを利用する場合の負担金は、0~2,000円程度見ておきましょう。ご自身でタイミングを見て検診を受ける場合は、加入の健康保険の適用外になります。かかる医療機関にもよりますが、3,000円~6,000円程度の負担金になることが多いようです。
厚生労働省からは、子宮頸がん検診については、20歳以上の性交渉経験がある方は、2年に1回程度受けるようにという指針が示されています。

子宮頸がん検診は数分で終わります。性交渉経験がある方は、痛みを感じることはほとんどありません。痛みはほとんどありませんが、触られる感じはあります。

機械を挿入する際に、力が入りすぎていると、痛みを感じることがありますので、リラックスして受けるようにしましょう。
強い痛みを感じる場合は、子宮内膜症や他の異常がある可能性もあります。

子宮頸がんは本当に予防ができる?ワクチンとは?

子宮頸がんのワクチンは、数年前から話題になっていますね。近年では子宮頸がんワクチン接種の積極勧奨が控えられています。
そもそもこの子宮頸がんワクチンで、子宮頸がんの予防ができるのでしょうか。

ここまで読んでくださった方は、子宮頸がんにはHPVというウイルスが大きく関係していると理解してくださっていると思います。
現在、子宮頸がんに発展する高リスク型のHPVは、16、18、31、33、35、39、45、51、52、56、58、59、68型の13種類だと推定されています。このうち、16型と18型だけで、全子宮頸がんの6~7割程度を占めています。この2つに対して効果があるものが、現在の子宮頸がんワクチンです。
※加えて、低リスク型への効果が認められるワクチンもあります。

子宮頸がんワクチンは現在2種類ありますが、どちらのワクチンも性交渉開始前に接種を始めることが望ましいです。期間と回数に関しては、どちらも半年間で3回、筋肉注射で接種します。
ワクチン接種をしていても、16型と18型以外のHPVにはかかる可能性があります。全ての子宮頸がんに対して予防ができるわけではありませんが、6~7割の効果があるというのはとても大きいです。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

産後ダイエット初級編!一週間ストレッチチャレンジ

そろそろ産後ダイエットを始めようかと思っているママのために、産後ダイエットの初級編「一週間のストレッチチャレ…

ReilyLady / 1131 view

スマホのやりすぎ?現代病・ストレートネックにご注意

現代病といわれるストレートネック。スマホのやりすぎでなってしまう人が多いようです。どんな病気なのか、治し方は…

myia / 1693 view

身近な病気、子宮筋腫の手術費用や治療方法。もしものための知識

女性に起こる病気の代表とも言える子宮筋腫ですが、病気の事や治療方法は意外と知らないものですよね。女性ならば知…

ReilyLady / 611 view

【レコーディングダイエット】記録するだけ?ホントに効果ある?

「食べたものを記録していく。」というレコーディングダイエット。自分の食生活をハッキリ自覚するというのがポイン…

ひらり / 736 view

癌リスクを確認できる、味の素開発の『アミノインデックス®』とは?

癌は40代以降、発症率が高まると言われています。 その中には、婦人科系の癌も含まれています。 味の素が開発し…

HF-LIFE / 1931 view

年々子供の花粉症も増えている!つらい花粉症の予防と対策

最近、子供達の花粉症も増えているとニュースになったりしていますが、花粉症の人にとっては本当に辛い問題ですよね…

ReilyLady / 1034 view

ダイエット中でもおやつが食べたい!満足☆ヘルシーおやつ

すでに日々ダイエットに励む方ダイエットにチャレンジしたい方、大勢いると思います。美しくなるためとはいえ、食事…

tokakko / 1370 view

働くママが気を付けたい保育園でもらいやすい子供の病気

働くママ達にとって保育園や幼稚園は必要不可欠ですが、流行の病気が移りやすいのも気がかりな点ですよね。保育園な…

ReilyLady / 1634 view

婦人病の代表「子宮頸がん」ってどんな病気?原因や治療方法は?

子宮頸がんってどんな病気でどんな症状が出るの?どうやって治療するの?と質問されたら答えられますか?女性特有の…

ReilyLady / 499 view

授乳中のママ必見!産後ダイエットで気を付けたい食事

産後ダイエットで、とにかく早く体型を戻したいと思うあまり、食事制限をしてしまう方もいらっしゃいますが、食事制…

ReilyLady / 1729 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック