妊娠線

妊娠中期からお腹が大きく目立ってきます。そうなると気になるのが、妊娠線ですね。妊娠中期から急激に伸びていくお腹に、皮下組織が対応できず、ひび割れのようになることがあります。これが妊娠線です。

妊娠線は一度できたら、出産後に1年ほどかけて徐々に薄くはなりますが、完全には消えません。全くできない人もいれば、1本だけの人、しまうまやすいかのように数十本できる人もいます。妊娠線ができやすい場所は胸、二の腕、お腹、太もも、お尻などが挙げられます。

妊娠線は保湿をすることで、ある程度は予防ができると言われています。過度な期待は禁物ですが、効果は十分にありますので、保湿オイルやクリームなどでしっかり予防していきましょう。

妊娠後期によく起こるマイナートラブル

妊娠後期は8か月~10か月、またはそれ以降のことを言います。週数で言うと、28週0日~39週6日、またはそれ以降、日数で言うと196日~279日、またはそれ以降です。40週0日は出産予定日です。
よく耳にする、臨月とは妊娠10か月以降のことで、週数で言うと36週0日~39週6日、またはそれ以降、日数で言うと252日~279日、またはそれ以降のことを言います。

妊娠37週0日~41週6日までの5週間を、正期産と言い、赤ちゃんが産まれるのに、最も適した時期です。この時期の赤ちゃんは、体が十分発達しているため、お腹から出ても外の環境に適応できる状態になっています。
妊娠後期でそれ以前(36週6日まで)に産まれた赤ちゃんは、早産と言われます。早産は体の状態がまだ十分に発達していないため、何かしらのリスクを持って産まれてくる可能性が考えられます。

42週0日以降もお腹の中にいる赤ちゃんは過期産と言われ、様々なリスクが考えられます。ママにも赤ちゃんにも悪影響が及ぶことが考えられるため、誘発分娩や帝王切開などの処置が必要となります。全体のお産の2~3%が過期産になると言われていますが、過期産になる理由は、まだよくわかっていません。

妊娠後期に起こるマイナーートラブルは、主に
■胸焼け・胃痛・つわり
■お腹の張り
■便秘
■動悸・息切れ
■頭痛
■腰痛
■頻尿・尿漏れ
■手足のしびれ・足がつる・こむら返り
■痔
■眠気・不眠
■おなら
■静脈瘤
■むくみ
■発汗
■妊娠線
が挙げられます。

胸焼け・胃痛・つわり

後期づわりと言われている、妊娠後期の胸焼けや胃痛に悩まされる妊婦さんも多いです。どんどん大きくなるお腹によって、内臓、特に胃が圧迫され、胃酸が逆流することがよくあります。これが胸焼けや胃痛を起こしています。

胸焼けや胃痛と一緒に、げっぷや吐き気を感じる妊婦さんも多いですね。

お腹の張り

お腹の張りは妊娠後期には特に、ほとんどの妊婦さんが経験します。少し動くだけでも胎動による刺激でお腹が張りやすくなっています。
ほとんどの場合は、出産の準備のための生理的なものなので、深刻に考える必要はありません。でも無理は禁物です。張りを感じたら少し休みましょう。

後期には「お腹がカチカチに硬い」「お腹が張り裂けそう」「お腹がピキーンとなった感じ」「手で触ると硬い」といったことを感じる妊婦さんが多いようです。

また、37週を過ぎると正期産に入るため、赤ちゃんがいつ産まれてもおかしくありません。赤ちゃんが出産の準備をするために起こす、前駆陣痛も軽いものであれば、感じ方としてはお腹の張りと大して変わりません。定期的に張る、感覚が短くなってきている、痛みがある、破水した、出血したということであれば、出産が近い可能性があります。病院に連絡してみましょう。

便秘

妊娠後期の便秘は、中期と同じように大きくなった子宮に腸が圧迫され、便がスムーズに運ばれないことが一つめの原因となります。その他には、運動不足も原因の一つとして考えられますが、それ以上に、排便をする際に、お腹に力を入れづらいということが原因となる場合が多いでしょう。
お腹に力を入れるのが怖いという妊婦さんも多くいます。

妊婦健診の経過に問題がなければ、適度な運動、水分補給、食物繊維が豊富な食事を心掛けましょう。
あまりにもひどい場合には、産婦人科医に相談しましょう。便秘があまりにひどいと、出産直前に浣腸をして便を出すという産院もあります。

動悸・息切れ

妊娠後期になってくると、さらにお腹が大きくなり、息苦しさを感じるようになります。循環している血液量も大幅にアップしています。
また、妊娠初期と比べると、10㎏近く体重が増えている妊婦さんも多いため、心臓にさらに負担がかかっています。
引き続き、激しい動きは避け、ゆっくり行動するように心掛けましょう。

頭痛

妊娠中期と同じく、産後の育児への不安、迫ってくる陣痛や出産という未体験の怖さに対する不安からくるものが多いようです。マタニティーブルーのひとつですね。
二人目以降の場合でも、兄弟姉妹を育てられるか不安に感じるママは多いです。

妊婦健診で特に何もなく、順調だと言われている場合には、考えすぎないようにして過ごしましょう。

腰痛

大きくなったお腹を支えるために、腰に負担がかかり腰痛を起こす妊婦さんが多いです。他には、ホルモンの作用で、骨盤や背骨の関節、靱帯が緩み、その影響で腰痛を起こしている可能性もあります。

腰痛を起こしても、市販品や処方薬のシップなどは張らないようにしてくださいね。早産などの原因となってしまいます。マッサージでかなり緩和されますので、パパはママの腰あたりを優しくマッサージしてあげましょう。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

術後はどうしたらいい?帝王切開の傷跡のケアや過ごし方について

自然分娩と帝王切開では、出産後の過ごし方も変わります。どれくらいで退院できるのか、赤ちゃんへの授乳はどうした…

ReilyLady / 501 view

生まれてくる赤ちゃんのために準備しておきたい6つのベビー用品

出産前には色々なベビー用品をあらかじめ準備しておきたいもの。 そんな中でも、あれば便利な物を紹介したいと思い…

いっち / 1612 view

知っておきたい基本的な無痛分娩のリスクとメリット

出産をまだ経験していないママさんはとても不安で仕方ないはず。経験しているママもあの痛みさえなければ、と思って…

nakou / 657 view

赤ちゃんが待ち遠しい!妊娠から出産まで胎内での成長まとめ

誰もが早く出てきてくれないかな♪お腹の中で何してるのかな?と気になりますよね。妊娠から出産までの赤ちゃんの胎…

yoc97★ / 4575 view

出産後は妊娠しやすい?いつから妊娠してもいいの?

出産後はよく妊娠しやすいと聞きますよね。実際はどうなのか、次の妊娠はいつ頃から考えればいいのかなどをまとめて…

yoc97★ / 823 view

今更聞けない、出産祝いのお返しや内祝いのマナーや中身のこと

出産祝いやお返し、内祝いってみんなどうしてる?意外と知られていないマナーや中身のことをまとめました。

ReilyLady / 670 view

妊娠しやすくなる!?妊活中の食事で気を付けたい6つのこと

赤ちゃんが欲しい!と思っても、なかなか来てくれない・・・そんな時、食生活を振り返ってみてはいかがでしょうか?…

snowsnow / 940 view

妊活中に入れておきたい食生活・体調管理・運動アプリ5選

妊活を行う上で重要となってくるのが日々の生活。いろいろと気にしなければいけない生活であるからこそ手軽に管理で…

nakou / 781 view

赤ちゃんにはベビーベッドが必要?それとも布団だけでいいの?

初めて赤ちゃんを迎える方はとくにベビーベットって本当に必要なのか迷っている方も多いかと思います。ここではベビ…

yoc97★ / 728 view

産院2つの体制!意外と知らない母子別室と母子同室

産院には、母子別室と母子同室があることを知っていますか?少しづつ増えつつある、母子同室の体制。しかし認知度が…

HF-LIFE / 8987 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック