赤ちゃんを迎える準備の中の一つに、バウンサーが入っているパパママも多いと思います。でも意外と種類が多くて、正直なところどれを買ったらいいのかが悩みどころ…

そんなパパママのために、おすすめのバウンサーや購入時の選び方のポイントなどをご紹介します!

バウンサーとは

バウンサーってどんなもの?

バウンサーとは、赤ちゃんの動きに合わせてゆらゆら揺れてくれる、現代風のゆりかごです。赤ちゃんの動きに合わせて動くだけでなく、ママやパパの手で揺らしてあげることもできたり、ものによっては電動で動くものなどもあります。
形としては、ベッドとイスの中間のような感じですね。簡易な作りのチャイルドシートのようにも見えますね。

バウンサーのゆらゆらした動きは、まるでママのお腹の中にいた頃のような安心感が得られると言われています。よく泣く赤ちゃんもバウンサーに乗せると泣き止んだり、ゴキゲンになっってくれるといった口コミもありますね。

バウンサーは、子育てにおいて、絶対に必要なものというわけではありません。あると便利という位置づけの育児グッズです。だからこそ、より便利に、より楽しく、子供も大人も笑顔で使えるようなものを選びたいですよね。

バウンサーを使うメリット

ママが家事で忙しい時やトイレに行くとき、近くや見える場所にバウンサーを置いて赤ちゃんを座らせておけば、ママからも赤ちゃんからもお互いを見ることができるので、安心です。
他にも、なかなか寝付いてくれない時、泣き止まない時、バウンサーに乗せると赤ちゃんがゴキゲンになるという声もよく聞きます。

特に二人目以降の育児には、バウンサーが重宝するという声が多いですね。二人目以降の育児の際に、よくあるのが遊びに夢中になっているお兄ちゃんやお姉ちゃんに、赤ちゃんが踏まれてしまいそうになることです。赤ちゃんと、お兄ちゃんやお姉ちゃんの年齢が近いと特に、そういった危険性が増えるのが二人目以降の育児です。
バウンサーに乗せていれば、少なくとも踏まれる危険性はグッと減ります。

また、完全に寝転がっている姿勢ではなく、少し傾いているので、授乳期の赤ちゃんの消化を助けてくれます。消化しやすい姿勢で、吐き戻しを軽減することができます。

バウンサーを使うデメリット

大きなデメリットはないのですが、場所を取られるというのが一番のデメリットでしょう。大きさはものによってかなり差があるのですが、小さめのものでも、それなりのサイズ感があります。

後は、泣き止まない時や寝かしつけの時にバウンサーに頼りすぎると、バウンサーがないと泣き止んでくれない、寝てくれないという可能性も出てきます。

バウンサーの種類

バウンシングタイプ

バウンサー全体ではなく、座面だけが上下に揺れるものをバウンシングタイプと言います。ゆらゆらというよりは、バインバイン揺れるイメージです。
価格帯としては5千円~2万円程度のものが多いです。

ロッキングタイプ

座面だけではなく、ベビーチェア全体がゆらゆらと前後または左右に揺れるものをロッキングタイプと言います。昔話などでおじいさんやおばあさんがゆらゆら揺れているものというと分かりやすいでしょうか。
バウンシングタイプと比べると、よりゆりかごに近いようなイメージですね。こちらは、5千円~1万円台の価格帯のものが主流です。

電動タイプ

電動タイプは文字通り、電動で動かすことができるバウンサーです。ゆらゆら動くだけのものはもちろん、何段階かで揺れを調整することができるもの、心地良い優しい音楽が鳴るものなどの付加機能がついているものも多いです。

電源の取り方は、ACアダプタでコンセントから電源を取るものと、乾電池から電源を取るものの2種類に分けられます。
最近では、コンセント式も省エネになってきているので、電気代はそんなに気にしなくてもいいものが増えていますが、電源コードの長さを考えなければなりません。
電池式はコンセントの有無に関わらず、どこでも使えるというメリットはありますが、電池の減りが早いこともあるため、コスパがいいとは言いづらいというデメリットもあります。

手動タイプと比べると、重量が重いというデメリットもあります。持ち運ぶをする予定なら、できるだけ軽いものを選ぶ必要があります。価格帯も手動タイプに比べると高めです。安いもので3万円~高いものでは7万円程してくるものもあります。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

家族で楽しむベランダガーデニング。育てやすいハーブ5選

子どもと一緒にハーブを育ててみませんか?花壇や庭がなくても、ガーデニングはベランダでも充分楽しむことができる…

サクマメグム / 931 view

ネイル好きなママ必見!!ジェルの『変色』と『浮き』を防ぐ方法とは??

ママがジェルネイルをしている家庭も増えてきました!!ジェルネイルはマニキュアと違い、お米も洗えると考える人も…

HF-LIFE / 11218 view

さらさらの髪♪赤ちゃんに優しいおすすめのベビーシャンプー8選

いつから使うの?いつまで使うの?どんなベビーシャンプーを選んだらいいの?と、とっても気になるベビーシャンプー…

ヤギヤギコ / 685 view

掃除機の寿命は5年未満!?長期に渡り掃除機を使用できる7つの方法

家電製品の中でも、もっとも寿命が短いと言われている掃除機ですが、現在の製品は価格も高い物が多いので、少しでも…

HF-LIFE / 22249 view

【ローリングストックという考え方】普段の生活から地震に備える

「ローリングストック」という言葉を知っていますか?たびかさなる震災を経験しても、なかなか「地震への備え」がで…

ひらり / 1528 view

赤ちゃんと猫が一緒に暮らすためにあれば便利なペット用品

もうすぐ赤ちゃんが生まれるけれど、うちの猫との生活は大丈夫かしら?と心配なママへ、おすすめのペット用品を紹介…

tujico / 2955 view

結婚祝い・入学祝いにおすすめ!かわいいぬいぐるみの電報7選

メールやSNSでお祝いのメッセージを簡単に送れるようになった今、電報はなかなか馴染みがないかもしれません。で…

citrus mama / 2208 view

引っ越し費用は時期で変わる!早めに見積もりと手続きの準備を!

会社や学校の都合で、あるいは心境の変化で住居を引っ越すことは珍しくありません。急な場合はしょうがないですが、…

いっち / 2492 view

仕事にも、家計にも!こんなに便利な簿記を、ぜひ学んでみましょう!

皆さんは「簿記」をご存知でしょうか?ほとんどの人が内容を知っているでしょうが、自分には関係ないと思っている方…

いっち / 3048 view

突然のお葬式。子どもの服装や参列するときのマナーとは?

突然のお通夜やお葬式。子連れでの参列となったときに焦らないために、準備しておきたいものやマナーを調べてみまし…

サクマメグム / 1364 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック