塾の費用を考える際に、①入学金②授業料の2点のみで考えている家庭が多いです。でも、塾の費用というのは、入学金や授業料以外にも単発的に発生するものが多く、1年を通して考えてみると、当初思っていたよりも多くかかったということがよくあります。塾の費用は、年間の費用で考えましょう。

テキストなどの教材費、季節(夏季・冬季など)講習会、特別(強化講習など)講習会、テスト代、模試受験代、施設利用料などが授業料とは別で発生します。年間でどれぐらいの費用がかかるのか、年間の費用を計算すると、一月あたりどれぐらいの負担になるのかをしっかり把握しておきましょう。

合格実績に惑わされない

大手の塾では、難関校や付属校、国立校などに〇〇人合格という実績を掲げていることも多いですよね。でも、この合格実績に惑わされてはいけません。生徒数が多いと、合格者数が多いのは当然です。
掲げている人数は延べ人数で数えられていることが多いので、とても優秀な1人の生徒が複数の難関校に合格しているということも考えられます。

志望している学校にどれぐらいの合格者がいるかを見ましょう。また、説明会などで、志望校の入学試験の傾向や受験ノウハウなどを質問してみるのもいいでしょう。それによって、持っている情報が新しいか、内容をスッと答えてもらえるかなどを確認して判断しましょう。

友達が通っていない塾

学校や近所の仲の良い友達が通っている塾がいいという子供からの要望があるかもしれませんが、おすすめできません。なぜならば、ほとんどの場合がトラブルに発展してしまうからです。

仲の良い友達と一緒の塾に通っている子のほとんどが、遊び感覚で通うことになってしまい、授業が騒がしくなってしまったり、成績が突然伸びなくなってしまうということは、よくあるトラブルです。塾に通っているのに、逆に成績が下がってしまうということも…
自宅や学校とは違い、勉強だけに集中できる環境を作ってあげるというのも、塾に通うメリットです。

また、塾での学力別のクラス分けによって、学校で子供がいじめにあってしまったり、バカにされてしまったりというトラブルもよくあります。
できるだけ友達が通っていない塾を選ぶようにしましょう。

電車に乗って少し離れたところの塾に通うというのも、電車賃や時間という負担はありますが、私立中学への電車通学の練習としてプラスに考えることができますよ。

最後に

子供にとっても、私たち親にとっても、中学受験をする上で、塾選びはとても重要なことです。どんなタイプの教え方をしてくれる塾なのかによって、子供の成績の伸び方も変わってきます。
塾選びは、子供にとってよい選択ができるように、親の手助けが必要です。
よく見極めてから入塾するようにしてくださいね!



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

子どものイヤイヤ期はいつからいつまで?イヤイヤ期の心構え3つ

今お子様が真っ只中だったり子育ての先輩方から聞くイヤイヤ期。どうしてこんなにイヤイヤなんだろう!と思うママた…

kokupu / 1228 view

【関東】赤ちゃんや子連れにオススメなホテル・旅館5選

小さな赤ちゃんやお子さんがいるとなかなか旅行に行けない理由の1つは泊まる所ですよね。気を使いすぎてせっかくの…

sumomomama / 1081 view

どうなる?知っておきたい2020年から変わる大学受験のこと

最近、2020年から大学入試が変わるという話題を、よく耳にします。子供に関わる重大なことなので、不安になりま…

tikatika / 764 view

お金はかけたくない!みなが選んでいる無料の知育アプリ5選

電車の中・病院の待合時間など、待ち時間は日常によくあります。そんな時、スマホでアプリで楽しみ、さらに知育もで…

nakou / 883 view

日本の伝統を素敵な思い出に...。家族でのりきる、三歳の七五三

日本の伝統行事である「七五三」。女の子は、三歳と七歳でお祝いをします。今回は、三歳の七五三をいかにスムーズに…

サクマメグム / 4979 view

子育てのイライラや育児疲れに!おうちでアロマテラピー

育児や家事の毎日。疲れがたまってくるとどうしてもイライラしてしまいますよね。おうちで簡単にできてリフレッシュ…

sumomomama / 1676 view

おしゃれで機能的!子ども用レインブーツの選び方とおすすめ5選

子どものレインブーツ、たくさんの種類がありますよね。素材や履き心地など、選ぶときのポイントをご紹介します。

サクマメグム / 738 view

一人で悩まないで!子育でストレスを溜めない為には?

新米ママは慣れない子育てと不安の毎日で、パパの理解を得たいと思うことでしょう。今回は乳児期と呼ばれる0歳から…

HF-LIFE / 3257 view

【三重】赤ちゃん連れでも楽しめる東海の子供の遊び場5選

赤ちゃん連れで外出となると、ベビーカーでいけるか、授乳ができるかなどいろいろ調べて行かなければなりませんよね…

sumomomama / 5297 view

メリットばかりではない?!ベビースイミングってどうなの?

お子さんの習い事で人気のスイミング。しかしベビーにとってはメリットだけではなく、デメリットもあるようです。そ…

hanako17 / 891 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック