中学受験をするほとんどの子供が通うのが、学習塾(塾)です。
塾に通うのであれば、もちろん成績は上がってほしいと思うのが親心ですよね。でも実際は、塾の形式や教え方が子供の性格やタイプと合ってないと、成績が上がりづらいと言われています。

塾の種類・特徴や向いているタイプと一緒に、中学受験のための塾を選ぶときに見るポイントをご紹介します。

塾の種類

塾の種類は、大きく分けて「集団塾」と「個別指導塾」の2種類です。個別指導塾は最近テレビCMなどでもよく見かけますよね。
それぞれ、どういった形式なのか見てみましょう。

集団塾

集団塾とは、10人程度から多いところでは30人程度の大人数で1クラスになっているタイプの塾のことを言います。私たち親世代がイメージする塾と言えば、分かりやすいでしょうか。こういったタイプの塾は、現在では集団塾と呼ばれています。

最近では、人気のプロ講師がレベルの高い授業を行っていることを掲げている集団塾も少なくありません。

個別指導塾(個別塾)

個別指導塾とは、大人数で行う集団塾とは違い、少人数制で1人~3人程度で1クラスになっているタイプの塾のことを言います。中には、6人までのクラスを個別指導塾と言っているところもあります。
内容としては、家庭教師の塾バージョンと言えば、分かりやすいでしょうか。ここ20年でシェアをグッと伸ばしてきたタイプの塾です。

きめ細かい指導を行っているということをセールスポイントに掲げている塾も、少なくありません。

集団塾を選ぶメリットとデメリット、向いている子供のタイプ

集団塾を選ぶメリット

■比較的学力が高い生徒が集まっていることが多いので、塾友と切磋琢磨できる
■受験情報を豊富に持っている
■全国模試に積極的に参加しているところが多く、相対的な学力のチェックができる
■時間と内容がカリキュラムで決まっているため、授業スピードがある
■プロの講師が指導しているところが多いため、授業内容のレベルが高い
■個別指導塾と比べると、授業料や入学金が安価

授業内容のレベルが高いので、成績向上、志望校合格などを目標に、どんどん上を目指していけるというのが最大のメリットです。学力が上がれば、難関校や国立校なども視野に入れて考えることができるということになります。
入試傾向などの受験情報を豊富に持っているというのも、大きなポイントですね。

集団塾を選ぶデメリット

■一度授業についていけなくなると、追いつくのが難しい
■集団の中で授業を受けるので、質問をしづらい雰囲気がある
■一度休むとついていけなくなる可能性がある
■同じ塾に友達も通っている場合、遊び感覚で通うと成績が伸び悩む
■塾の宿題と学校の宿題をこなすのに、子供自身で時間配分をしなければいけない
■子供一人一人へのきめ細かい対応は期待できない
■学力別のクラスになるため、基本的には講師は選べない

人数が多い分、きめ細かい対応というのは期待できません。これが最大のデメリットですが、授業後に個別に質問に答えてくれたり、苦手科目や遅れている科目を特別講習という形で補ってくれます。中には休んだ授業の振り替えを行っているところや、塾友に教えてもらえるということもあります。
そういったところで、デメリットの大半はカバーができるでしょう。

集団塾に向いている子供のタイプ

■学校の内容や塾の授業内容を、しっかりと理解できている
■競争心があり、周りの塾友との競争でモチベーションを維持できる
■積極的で、宿題や予習、復習を自らこなすことができる
■周りに臆することなく、質問ができる
■周りに流されることなく、自分を律することができる

上記に当てはまるタイプの子供であれば、集団塾に向いていると言えます。端的に言うと、基礎の学力がそれなりにあって、積極的に自ら勉強に取り組めるタイプですね。

個別指導塾を選ぶメリットとデメリットと向いている子供のタイプ

個別指導塾を選ぶメリット



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

たまには家族でゆっくり映画三昧♪ 親子で観たいオススメ映画6選

 家族でゲームをするのも良いけれど、たまには自宅でゆっくり親子で映画を楽しむのも、素敵なコミュニケーション方…

timun / 2696 view

【トラブルに巻き込まれない為に!】子どもにネットの危険を伝えるためのポイントまとめ

我が子がネットのトラブルに巻き込まれないようにするための注意点についてまとめています

さくらしまこ / 4300 view

パパの子育てがより楽しくなる「イクメングッズ」を用意しよう

男の人は、結構「道具」というものに拘りますよね。色々揃えて興味をそそるアイテムをピックアップしてあげましょう…

kanakuma / 5297 view

意外と大人がハマる!?親子で一緒に「機械の工作」で深める絆

毎日忙しくて子供と一緒に過ごす時間が減ってしまったというパパやママ。お子さんと一緒に機械の工作なんていかがで…

ReilyLady / 105 view

え?こんなに腫れるの?赤ちゃんの虫刺されの予防と対処法

赤ちゃんが蚊に刺され腫れがひどくでびっくりされた方も多いのではないでしょうか。今回は赤ちゃんの虫刺されの予防…

sumomomama / 709 view

月齢ごとのおもちゃで楽しめる『こどもちゃれんじ』5つの魅力!

株式会社ベネッセが運営している、こどもちゃれんじ。 コスパが高く、親子で楽しめると評判の高い通信教育です。 …

HF-LIFE / 2855 view

【愛知】赤ちゃん連れでも楽しめる東海の子供の遊び場5選

赤ちゃんとの外出はママのリフレッシュにもなるし赤ちゃんの成長の刺激にもなるのでおススメです。しかしどういう所…

sumomomama / 17613 view

【雨の日のお家遊び】乳児と家で楽しく遊ぶ方法5選

まだまだ一人で遊べない乳児期の子どもと雨の日に何をしたらいいかわからない、そんな悩みにお答えする雨の日の遊び…

nana2boys / 4014 view

絵本の読み聞かせはいつから?はじめての絵本選びのポイント

まだ生まれたばかりの赤ちゃんは言葉もわからないだろうし読み聞かせの意味があるのか。いつ頃から始めるものなのか…

sumomomama / 947 view

ぶきっちょさんでもできる!手作りしたい女の子のベビー服

学生の授業以来、ミシンに触ってもいない!なんていう人、意外と多いのでは?お裁縫が苦手だと、入園・入学のときな…

tikatika / 896 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック