関東圏や関西圏では特に、有名な私立中学校がたくさんあるので、中学受験を考えている親御さんは多いと思います。子供のためを思って行う中学受験ですが、実際に中学受験を行うことによって、子供に与える影響を考えたことはありますか?

中学受験を考えているパパママは必見!子供に中学受験を受けさせるメリットとデメリットを挙げてみましょう。

中学受験とは

中学受験とは名前の通り、小学生の時に、私立若しくは国立の中学校に通うために行う入学試験のことです。中学受験を行ったことがないパパママは、小学生で受験?!とイメージが湧きづらいかもしれませんね。わざわざ受験をしなくても、義務教育だからどこかの中学校には通えるし、そんなに急がなくても…とも思うパパママも中にはいるかもしれません。
でも昔からそんなに珍しいことではなく、一定の受験生がいるのが中学受験です。

小学3年生~4年生の頃から準備をしていく家庭が多いのが、現状の中学受験の主流です。遅くとも小学5年生までには、準備を始める家庭がほとんどです。中には一流進学校に通わせたいとのことで、小学1年生から準備をしている家庭もあります。中学受験のための勉強は、公立の小学校で行われている勉強とは全く違い、解き方も特別なものが多いのが特徴です。出題方法も、学校のテストのような出題方法ではない場合が多いです。

学校で習わないことも出題されるので、家庭学習だけで中学受験を行うには余程の努力が必要で、努力をしても合格をするのがなかなか難しいと言われています。中学受験を考えているほとんどの家庭は、どこかの学習塾に通っています。

幼稚園、小学校、中学校、高校、大学と受験をするタイミングがありますが、この中でも単純に学力のみ、しかも試験日当日の学力一発勝負というのは、中学受験と大学受験だけです。

幼稚園や小学校のお受験は、子供自身の成績や地頭の良さというよりも、親の影響や家庭環境、性格によって合否の判定が出されることが多いです。高校受験は、学力だけでなく内申書による影響が多い中、当日の試験一発勝負という中学受験は、大学受験と同じぐらいにシビアということになりますね。

私立中学を選ぶメリットとデメリット

私立中学校を選ぶメリット

【教育理念がしっかりしている】
私立中学校では、教育理念がしっかりしており、それが校風や学校のカラーとなっています。学校説明会に参加するだけで、こういった部分が見えるため、子供の性格に合った校風の学校を選ぶことができます。

【中高一貫校を選ぶことで、効率の良い勉強ができる】
私立中学校では文部科学省の制約がないため、勉強をするカリキュラムやプログラムを独自のもので組むことができるのが大きな特徴です。中高一貫校の6年間の内、最初の5年間で6年分の勉強をし、残りの1年間で大学受験のための勉強を行うことができるようなプログラムを組んでいるところも多いので、効率よく勉強ができます。

【塾に通わなくても良くなる】
中高一貫校でなくても、特別な学習プログラムが組まれており、塾に通わなくても学力が一定に保たれるようになっているところが多いのも特徴です。とは言っても、実際には上昇志向の強い家庭では塾に通っていることもよくあります。しかし、学校独自で高校受験のための勉強を行っているところも多く、基本的には、塾に通う必要がなくなるというメリットがありますね。

【地域の公立中学校の評判が良くない場合、通わせなくてよくなる】
パパやママが子供の頃にも、評判の悪い中学校ってあったと思います。実際がどんな学校であっても、親心としては、子供をそういった評判の学校に入れるのは気が引けるもの…
かといって、簡単には引越しできませんよね。それを回避するためという理由で、私立中学を選ぶ家庭もあります。また、そういった場合は、学力よりも校風で選ぶことが多いようです。

【非行に走る生徒が少ない】
私立中学校でも公立中学校と同じように、いじめや仲間外れはあります。しかし、非行に走ったり、授業妨害をする子は公立中学校と比べると少ない傾向にあるので、親としてはそういった面では安心ですね。
また、万が一そういった問題があったとしても、学校の評判に関わるため、公立中学校と比べると問題への対応が早いということもあります。

【先生の異動もないため、安定した学校生活が送れる】
公立中学校では当たり前となっている先生の異動というものが、私立中学校にはありません。先生の異動がなく変わらないというのは、安定した学校生活を送る上ではとても大切なポイントになってきます。

【親同士の価値観が近い】
基本的には、学校の教育理念に共感した家庭が入学してきているため、そういった部分での価値観が近く、大きなズレは少ないというメリットがあります。

私立中学を選ぶデメリット

【地域のコミュニケーションが薄くなる】
私立中学校や国立中学校に通っていると、子供自身が近所の友達と関わる機会が少なくなってしまうというのが一番のデメリットです。公立小学校に通っていた頃の友達とは、疎遠になってしまう可能性の方が高いですね。地元のサッカーや野球などのスポーツクラブへの参加も、周りは公立中学校に通っている同級生同士が多いため、疎外感を感じてしまったり、参加をしても楽しめないということも考えられます。

【社会の多様性を学ぶ機会が減る】
私立中学校には、生まれつきや環境による心配事(障害やシングル家庭など)を抱えている子供はほとんどいません。そういった社会の多様性を知ることで、思いやりや優しさ、尊重することなど、学ぶことは多いものです。周りにそういった人がいない環境というのは、社会の多様性を学ぶ機会を失ってしまう可能性があります。

【運よく合格してしまい、入学した場合、勉強についていけなくなる】
実際にはそこまでの学力がないのに、1ランク上の学校に運よく合格してしまったという場合、途中で勉強についていけなくなり、貴重な中学時代を無駄にしてしまうという可能性があります。
私立中学校の勉強ではスピード感があるため、一度勉強についていけなくなると、追いつくことがかなり難しくなってきます。

【高校受験に必要な、理科・社会に弱くなる】
中高一貫校ではない場合、高校受験をすることになりますが、私立中学校では公立中学校と比べて、理科・社会にあまり力を入れていないというのが現状です。
公立中学校で学ぶ理科・社会は生きていく上で役に立つものが多いです。それをしっかり学べないというのは、デメリットになるかもしれません。また、そのフォローをしようと思うと、自主学習が必要となります。

【学費が高い】
私立中学校に通うデメリットは、やはりこれでしょう。入学金、授業料、施設管理費、積立金、PTA会費、寄付金などで、年間100万円以上かかるところも少なくありません。

中学受験をする子供への影響

中学受験をする子供にとってのメリット

【受験というなかなかできない経験ができる】
中学受験をするという経験は、他には代えられないものです。結果がどうであれ、受験をするために頑張ったという経験は、その後の子供自身の自信にもつながることでしょう。

【子供自身の学力のチェックになる】
子供自身の学力のチェックになるというのは、苦手な分野や教科、得意な分野や教科の洗い出しにもなり、その後の勉強スタイルにも好影響があります。子供のうちは、自分自身のことを見つめ直すという機会はなかなかありません。
自分の学力を知るというよりは、自分のことを知るといういい機会になるのが、中学受験です。

【高校や大学まで内部進学ができる私立中学校もある】
中高一貫校や中高大一貫校の場合、余程のことがない限り内部進学が可能でエスカレーター式に進学ができるというのは大きなメリットになります。
3年後の高校受験のために時間を割かれることがないので、勉強以外のクラブ活動やスポーツ、芸術、音楽など子供自身がやりたいことに打ち込むことができます。

【高校受験よりも受験科目(教科数)が少ない】
高校受験ではほとんどの学校で、好き嫌いが分かれる英語が入試教科の中に入っていますが、中学受験では英語が入っていません。それに加え、2教科試験(国語、算数)、4教科試験(国語、算数、社会、理科)を選べるところも少なくないので、受験科目がグッと減ることも大きなメリットですね。

【万が一不合格でも、公立中学校がある】
万が一不合格でも、公立中学校があるという心強い安心感はあります。本番に弱いタイプの子には、こういった安全パイがあるというのは本当に心強いでしょう。高校受験では、手堅く確実に合格ラインに入っている受験校を選ぶような場合でも、中学受験であれば気兼ねなく、思い切って合格ラインぎりぎりの1つ上のランクを目指すこともできます。

【時間配分や自己管理能力が身につく】
受験勉強と塾と学校の宿題を効率よくこなすために、時間配分を自分で考えなければいけません。また、自分で自分を管理する能力も養われます。こういった能力は、大人になってからも役に立つので、子供の内から身につけられるというのは、とてもいいことですね。

中学受験をする子供にとってのデメリット



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

いよいよ補助なし自転車に挑戦!楽しく練習できるコツをご紹介

補助なし自転車の練習は、子どもにとって、とても大きなチャレンジです。短期間でスイスイ乗れるようになる「伝え方…

サクマメグム / 408 view

子育てに悩みはつきもの!あなただけじゃない。みんな悩んでいます。

一生懸命子育てをしていれば、誰もが悩みにぶつかります。みんな、同じようなことで悩んでいることを知って、少しで…

よしだ あき / 2650 view

【夏休み】子供との旅行におすすめな家族向けスポット10選

夏休みの予定はもう決まりましたか?子供連れだと、遊びに行く場所も限られてきますよね。今回は、家族連れにぴった…

snowsnow / 1542 view

夏休みのお出かけ、「夏休み自由研究」を家族みんなで楽しむ方法

夏休みの宿題、毎年頭を抱えていませんか?筆者は毎年、頭を抱えております・・・。できる事なら子どもと一緒に楽し…

ささみん / 1271 view

もうすぐ保育園!育休明け、仕事に復帰する前にしておくべきこと

無事保育園も決まっていよいよ仕事復帰。でも、子どものことも仕事のこと、家のことなど上手くやっていけるのか不安…

m.tnaka0221 / 1112 view

【関西】赤ちゃんや子連れにオススメなホテル・旅館5選

日頃の息抜きに旅行に行きたい!けど赤ちゃんや小さなお子様連れだとなかなか行きにくいのも事実。今回は赤ちゃんや…

sumomomama / 8746 view

子供を乗せる自転車は電動あり?なし?どっちを選べば良いの?

初めて購入する子供を乗せる自転車!お値段も結構お高いですし、失敗したくないですよね。どんな自転車を購入すれば…

yoc97★ / 540 view

いつまで続く?子供のイヤイヤ期はどう乗り切るか

魔の2歳児、といわれてから、いつまでたっても「魔」のまま。。。 そう感じたことはありませんか?イヤイヤしたい…

りょうみママ / 1347 view

エルゴのインファートインサート、新生児からいつまで必要?

赤ちゃんを抱っこするときに両手が空くなど、メリットがたっぷりの抱っこひも。そのなかでもやはり人気なのはエルゴ…

tujico / 521 view

そうだったのか!子育てがよくわかるおすすめ育児本8選

はじめての子育てはわからないことばかり!そんなときのおススメの本をご紹介します。ぜひ子育てを楽しんでください…

minmama / 1350 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック