小学校から私立に通わせたい、小学校受験ってどんな感じなのかなと考えているパパママは必見!

小学校受験をするメリットやデメリット、いつからどんな準備したらいいのか?小学校受験をするための平均費用や平均受験数などをまとめました。
是非参考にしてみてくださいね!

小学校受験をするメリットとデメリット

小学校受験をするメリット

【エスカレーター式に内部進学ができる】
1番のメリットと言えば、エスカレーター式に進学が可能というところでしょうか。小学校受験で合格すれば、余程のことがない限り、大学までエスカレーター式に進学ができるという小学校もあります。中学校受験、高校受験、大学受験を全てスルー出来るというのは、親の気持ちとしては安心ですよね。

また、中学・高校・大学受験がないということは、受験勉強の時期にスポーツや音楽などそれ以外のことに力を入れることができるというメリットもあります。

【教師のレベルが一定に保たれている】
教師のレベルが一定に保たれているというところも大きなメリットでしょうか。公立の小学校では、基本的には毎年、教師の異動があります。教育熱心な先生もいれば、そうでない先生もいます。しかし、私立の小学校では、基本的には先生の異動もなく、教育に対する熱心さも含め、一定レベルに保たれていることが多く、当たりハズレが少ないと言えます。

【子供の個性や能力を伸ばせる】
学校独自の教育方針により、子供の個性や性格に合った小学校を選ぶことができれば、その分、子供の個性や能力を伸ばすことができます。のびのびと教育する方針だったり、厳しくしつけをする方針だったり、学校によって違いがあり、こういうところも私立小学校のメリットですね。

【友達に恵まれる】
同じ学校に来ている友達は、ご自身の家庭と同じような経済能力であったり、家庭環境に恵まれている可能性が高いので、穏やかな学校生活を送ることができます。
また、長いところでは大学までエスカレーター式に進学ができるので、友達との縁が切れることなく、深く長い付き合いができるというメリットもあります。

【教育熱心な保護者が多い】
ご自身の家庭と同じように、教育熱心な保護者が多く、そういった面での価値観が合うというメリットもありますね。

小学校受験をするデメリット

【費用がかかる】
小学校受験にはもちろん短期間で莫大な費用がかかりますが、入学してからも入学金、授業料など様々な費用がかかり、公立小学校と比べると高くなってしまうということがデメリットでしょう。

【幼稚園児の頃から塾通いなど、子供に負担がかかる】
子供の負担も大きなデメリットとなる可能性があります。親が子供のためを思って選んだことでも、子供自身で選んだことでも、遊びの時間が大切なこの時期を塾通いに費やすというのは、やはり子供にとっては負担になるでしょう。小学校受験に向き合う子供に対するフォローが必要になってきます。

【不合格だった場合のダメージ】
子供と言えども、不合格だった時のダメージというのは大きいものです。合格すればもちろん嬉しいことでおめでたいことですが、不合格の可能性というのも考えておかなければいけませんね。第一志望に受かるとも限りませんし、多額の費用、多大な時間を費やした挙句、不合格というのは、親にとってもダメージが大きいでしょう。

【自宅から遠い場合、電車通学になり、犯罪に巻き込まれる可能性が増える】
電車通学が悪いことではないですが、家から遠いとその分、犯罪に巻き込まれる可能性が増えるというデメリットもあるでしょう。親としては、そういう不安は常にありますよね。

【保護者とのお付き合い】
要はママ友付き合いということですが、裕福な家庭が多い私立小学校に入学した場合、月に数回のママ友とのランチ代が毎回数千円かかるということもよくあります。多少なりとも収入格差がある場合、負担にならない程度での付き合いにすると、断る回数が多くなってしまい、気まずくなってしまうこともあります。

【視野が狭くなる】
大学まで同じ友達と同じ環境で過ごすことになる可能性が高いため、視野が狭くなってしまったり、新しいことに適応するのが苦手になってしまうこともあります。
また、学校外で新しい友達や人間関係を作ることが苦手になったり、男子校や女子校であれば、異性との関係作りが苦手になる可能性もあります。

小学校受験の内容

受験内容は大きく分けて5項目のところがほとんどです。受験内容全体に関して言えることは、先生の指示をよく聞くことができるかどうか、話している内容が理解できるかどうかが見られています。

ペーパーテスト(筆記試験)

ペーパーテスト(筆記試験)とは言いますが、一部の小学校を除き、ほとんどの小学校ではひらがななどの書き取りは行っていません。学力を見るというよりは、基本的な記憶力や知識、想像力や感覚、常識が備わっているかのチェックのようなものになっています。

例えば…
【図形】
■たくさんの図形の中から同じ図形を探す
■線や点を書き足して、図を完成させる
■展開図を想像する
【数】
■どちらが大きいか、長いかなど、大きさや長さの比較
■数を数えたり、どちらが多いかなど、数の比較
【言葉・言語】
■絵でしりとりを完成させる
【常識】
■仲間外れを探す
■ルールやマナーが身についているか、絵を見て正しいものを選ぶ
など、どちらかというとゲーム感覚のものが多いのが特徴です。

また、先生から青色のクレヨンで〇をする、鉛筆で囲うなどの具体的な指示がある場合もあります。

小学校受験で必要な、一般常識のポイントとしては…
■季節の花の名前と開花時期
■日本で行われる年中行事や日本文化
■箸の持ち方
■電車でのマナー
などが挙げられます。併せて学んでおくことが必要です。

運動テスト

運動神経の良し悪しを見られているわけではありません。速く走れたらOKという単純なものではなく、真剣に取り組むか、指示通りジッと体育座りで待てるか、整列からはみ出ることなく歩けるかなど、基本的な部分、性格や個性が関連してくる部分が見られています。
普段から家庭や幼稚園で、運動や身体を使った遊びを、たくさんしているかどうかもポイントとなっていますね。

内容の例としては…
■跳び箱
■徒競走(リレー含む)
■平均台
■スキップ
■縄跳び
■ボール投げ
■椅子取りゲーム
■クマ歩き
■ケンケンパ
など様々な内容が行われます。

こういった運動のテストの中で、
■キビキビとした動き
■名前を呼ばれたときの「ハイ!」という良い返事
■お友達の応援ができる
■運動に真剣に取り組む
■集団行動での態度
■最後まであきらめずにやり切るかどうか
などが見られています。

絵画・工作

いかに上手に絵が描けるか、上手に作れるかではなく、先生の言うことが理解できるか、想像力を働かせて描く・作ることができるかどうかなどが見られています。魅力のあるイキイキとした絵が描けるか、作ることができるかどうかがポイントになってきますね。

例えば絵画に関しては、「春」を絵で表せるか、走っている人間を絵で表せるか、嬉しい、楽しいなどの感情を絵で表せるか、工作に関しては物の形を正しく認識できているかなども見られています。
また、色の塗り方、絵の描き方などのチェック、適切な道具を使えるか、片付けができるか、制限時間に作り上げられるかのチェックもあります。

内容としては例えば…
■先生が指示したものを描く・作る
■テーマに沿って描く・作る
などが挙げられます。

それにより、個性や子供本人の本質、家庭環境が見られています。

行動観察



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

知っておこう!意外と知らない私立幼稚園の補助金制度

幼稚園に入園させたいけれど、月々の保育料も結構かかるみたい。どこをやりくりしようか悩んでいる人も多いのでは?…

m.tnaka0221 / 1309 view

見た目もキュート!オススメの子供用水遊びおもちゃ5点

子供は水遊びが大好き! おもちゃがあればベランダプールもゆっくり楽しめます♪ お風呂でのコミュニケーションに…

akimama / 4603 view

悩んでいるママがいっぱい!赤ちゃんのガンコな便秘対策法

月齢を問わず、赤ちゃんの便秘に悩んでいるママは、結構多いのでは?個人差があるとは言え、何日もうんちが出ていな…

tikatika / 1379 view

【ベビー服手作り】かわいい生地が買えるネットショプ5選

かわいいベビー服を手作りしたいと思っても近所の生地屋さんだと、種類が少なかったり、小さなお子さんを連れてゆっ…

hanako17 / 12974 view

図書ボランティアでも人気・低学年の子供向け読み聞かせ5選

図書のことならお任せ!子どもに本を選んだり、読んであげることを喜びとする図書ボランティアのお父さん、お母さん…

りょうみママ / 2334 view

月齢ごとのおもちゃで楽しめる『こどもちゃれんじ』5つの魅力!

株式会社ベネッセが運営している、こどもちゃれんじ。 コスパが高く、親子で楽しめると評判の高い通信教育です。 …

HF-LIFE / 4660 view

今、ママたちに注目されているボーネルンドの「キドキド」って?

子供にとって「遊ぶ」ということは人間性・社会性を身につける上でとても大切なことです。しかし、現代では昔とは違…

kaeru_5 / 621 view

好奇心を育てる図鑑のある暮らし。子どもが夢中になる図鑑5選

子どもの頃、夢中になった図鑑はありませんか?今回は、最新の図鑑情報とおすすめをご紹介します。お気に入りの1冊…

サクマメグム / 1951 view

1歳・2歳のイヤイヤ期への対応・対処法・接し方5選

素直に聞いてくれ受け身だった赤ちゃんから、自我が出てきて主張する事を覚え、なんでも「イヤイヤ」と言うこの時期…

momama / 1969 view

幼児期の靴選びはここに注目!歩きやすさ&足の変形対策を考慮した選び方5つ

幼児期の靴選びは、とても重要度が高いと言われています。 ここをしっかりと行なうことで、抱っこをする回数を減ら…

HF-LIFE / 2038 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック