粘土遊びは保育所や幼稚園でも遊ぶことが多いと思います。粘土遊びは、子供の成長にとっても良い効果があると言われています。
是非自宅でも遊ばせてあげたいですが、誤飲も怖いですよね。小さな赤ちゃんでも遊べる、安心安全な食品由来の粘土の作り方と遊び方をご紹介します。

是非子供と一緒に作って遊んでみてくださいね!

粘土遊びがもたらす子供の成長への効果

粘土遊び、パパやママも子供の頃にたくさん遊んだのではないでしょうか。
子供にとって遊びは、とても大切なものです。遊びの中で五感を使って色んなことを吸収しようとしています。それを助けてくれるのが、この粘土遊びです。

粘土遊びは触覚や視覚を使って、発想力や思考力などを養ってくれます。また、ゴッコ遊びをすれば想像力が養われて、楽しい粘土遊びで集中力もつきます。手指をしっかり動かし、細かい作業も行うので脳の活性化も行われます。
また、粘土を作るところから一緒に行うことにより、観察力や色彩感覚、色を混ぜることで新しい色が生まれるということを勉強する機会にもなります。

粘土は子供の成長において、とっても効果的な遊びなのです。

粘土の種類

食品由来の粘土

■小麦粉
コスパ抜群で、100円ショップにも売っていますね。手作りする家庭も増えています。少しパラパラする感じもしますが、まとまりもよく、柔らかいので、初めての粘土遊びに最適だと言えますね!固まるのが比較的早いので、長期間遊ぶというよりは、作った日だけ遊ぶといったイメージですね。

■米粉
小麦のアレルギーがある子には、米粉を使ったものを与えましょう。使い心地や使い勝手は小麦粘土とほぼ一緒です。こちらも初めての粘土に最適だと言えますね。

■寒天
小麦粘土と比べると少し高価です。小麦粘土よりも柔らかくて、ぷにぷにした感触になります。固めのスライムといったイメージですね。パラパラすることもなく、比較的遊びやすい粘土です。乾きにくく、少しかたまってしまっても、濡れふきんで包むだけで柔らかくなります。
手作りするにしても購入するにしても少し高価ですが、長期的に繰り返し使えるので、コスパは悪くはありません。

自然由来の粘土

■蜜蝋
蜜蝋はハチの巣そのもののことです。化粧品に使われていたり、赤ちゃん用のクレヨンに使われていたり、最近は材料に蜜蝋を使っている商品をよく見かけます。天然成分なので、食べてしまっても平気というのが高ポイント!

蜜蝋自体に滅菌効果があるので、1日遊んだ蜜蝋粘土も一晩経つと滅菌されているというのもいいですね。いつも清潔な状態で遊べます。発色がとてもきれいで他の粘土にはない独特の光沢感があり、冷えると固まるので、作品を残しておきたい時にはぴったりですね。
使い始めがかなり固く、遊ぶ前にお湯につけたり、パパやママが手で温めながらコネて、使いやすくしてあげないといけません。子供一人で遊ぶには少し難しいですね。

食べられない粘土

■紙
パパやママも小学生の頃に使ったことがあるのではないでしょうか。とても軽く、伸びやすく、絵具などを使っての着色もできます。100円ショップやホームセンターにも売っていて、手に入れやすいというメリットもあります。
乾くと固まるので、作品を残しておきたい時にもおすすめですね。

■油
こちらも子供の頃に使った経験があるのではないでしょうか。粘土と言えば、コレというイメージがある方も多いです。ねずみ色でずっしりとした重さがあり、滑らかできめが細かいのが特徴ですね。乾燥に強いので、何度も繰り返し遊ぶことができます。
独特の臭いがあるので、好き嫌いが分かれてしまう粘土ですね。

■プラスチック
おゆまると言った方が分かるでしょうか。最近ブームになっていますね。ハンドメイド作品でもよく見かけます。100円ショップでも売っていますね。
お湯で温めてから使う粘土です。冷えると固まりますが、またお湯に入れると柔らかくなるので、繰り返し使うことができます。

小麦粘土・米粉粘土の作り方

小麦粘土と米粉粘土は、小麦粉か米粉かの違いだけで作り方は一緒です。
【材料】
小麦粉(もしくは米粉)…500g程度
塩…大さじ1程度
油…少々
水…120cc~150cc程度
~あればいいもの~
食紅などの食用色素…適量

お菓子作りではないので、目分量でも全然OKです。小麦粉:水=3:1程度で、後は好みに合わせてかたさ調整をしましょう。
塩は、小麦粘土を傷みにくくする防腐剤代わりに入れるものなので、その日だけで遊ぶ場合には入れなくても小麦粘土は作れます。
油も、粘土の伸びをよく、手触りをよくするために入れるだけなので、適量で大丈夫ですし、なくても作れます。

色付けのため食用色素を使いますが、なければ絵具でも作れます。でも、せっかく食べても安心安全な粘土を作るのですから、ここも食用でこだわりたいところです。わざわざ食用色素を買うのは嫌かなと思う場合は、カレー粉や粉末の緑茶、インスタントコーヒーでも着色できます。
試してみてくださいね!

①傷みにくくするために、小麦粉に塩を入れてよく混ぜましょう。
②小麦粉に水を数回に分けて入れましょう。好みのかたさになるまで、よくこねてください。道具を使えば手は汚れませんが、できれば手でこねましょう。
③油を少量入れて、手触りをよくします。

これだけで、小麦粘土は完成です。
後は色を付けるのみです。赤・青・黄の3色があれば、一通りの色は作れます。好みの色に合わせて、少量ずつ入れていきましょう。赤・青・黄を混ぜて、いろんな色を作ってみましょう!

最初から作りたい色が決まっている場合は、②の水にあらかじめ食用色素で色を付けておくという方法もあります。その方が、色を付けやすいというメリットがありますが、作りたい色の数だけボウルを用意しなければいけないので、後片付けがちょっとだけ大変になります。

小麦粘土の保存方法

また遊びたい時



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

子供に聞かれたら答えられますか?七夕祭りの由来「七夕伝説」

七夕には笹の葉に願い事を書いた短冊を飾りますよね。では、その由来や、もとになった七夕伝説について知っています…

ReilyLady / 987 view

ハマる人続出!無料ゲーム『おえかきの森』が話題♪

ハンゲームが提供するパソコンゲーム「おえかきの森」。お題を元に描いたイラストが何かを当てるという単純なゲーム…

midori / 2244 view

【家でのんびり過ごそう!】寒い外には出ない!おうちで楽しめること5選

寒い時期は外には出かけずにおうちでのんびり過ごしませんか?子どもにもイヤとは言わせない、むしろみんなで楽しめ…

nana2boys / 1980 view

【夫婦関係に悩み始めたら】夫婦のあり方について考えさせられる映画5選

愛し合って夫婦になったはずなのに関係がこじれたり、相手のことがよくわからなくなったり、夫婦っていうのはとても…

reichel / 6476 view

みんな大好き!こどもに人気のきかんしゃトーマス登場人物5選

イギリスで半世紀以上前に生まれた「きかんしゃトーマス」のお話は、世代を超えて愛され続けています。人間味のある…

pippo / 1357 view

どう乗り切る?梅雨の憂鬱な期間、子供と楽しむ自宅での過ごし方

梅雨時期って、雨ばかりで外で遊べない子どもたちにとっても、憂鬱な時期ですよね。そんな時に自宅でも楽しく過ごす…

ReilyLady / 964 view

憧れのリカちゃんに会える♪リカちゃんキャッスルに行こう!

子供だけでなく、大人も魅了するリカちゃん人形の世界に入ってみたいと思ったことはありませんか?そんな夢が叶っち…

ヤギヤギコ / 720 view

ママも一緒に楽しめる!リカちゃんの服いろいろ&収納術

リカちゃんが誕生したのは1967年!子供の頃にリカちゃんで遊んだママも多いのでは?お人形の見た目も、洋服のラ…

tikatika / 3961 view

お絵かきロジックの無料アプリ5選!家事のスキマ時間に脳トレ♪

数をヒントにマス目を塗りつぶしてイラストを浮かびあがらせるゲーム、お絵かきロジック。世界中で楽しまれているゲ…

midori / 4856 view

家族のコミュニケーションが深まる!楽しいボードゲーム5選

子どもと一緒にボードゲームをしませんか?お馴染みの人生ゲームから最新の人気商品まで、家族で楽しめるゲームをご…

サクマメグム / 1296 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック