あなたは布おむつ育児にどんなイメージを持っていますか?
ちょっとめんどくさそうという声も多いと思います。でもきっと、今これを読んでくれているパパやママの中には、布おむつで育ってきた方もいるのではないでしょうか。

布おむつ育児の実際はどんな感じなのか、紙おむつと布おむつの違いを比較しながら、メリットとデメリットを見てみましょう。

布おむつ育児を始めるきっかけ

節約

布おむつを始めるきっかけとして一番多いのは、節約したいからというものが多いようです。紙おむつは、サイズにもよりますが、一番よく使うLサイズで考えると、1枚当たり安くても20円以上はかかりますよね。これが1日平均7枚程度と考えると、出費も馬鹿になりません。

肌荒れ

紙おむつは名前に紙がついていますが、紙だけでできているわけではありません。表面材や吸収材などのいくつかの層に分けられて、ポリエステル不織布や高分子吸水剤、ポリエチレンフィルムなどのケミカル素材が使われています。

CMや広告でもよく見るように、確かに触感はサラサラしているのですが、とっても弱い赤ちゃんの肌に、これらの石油由来のケミカル物質を使うのは抵抗があるというママも少なくはないでしょう。実際に紙おむつの素材が原因で肌荒れを起こしている赤ちゃんもいます。
そういったことが理由となって、布おむつを使い始めるママもいることでしょう。

布おむつを使うメリット

肌トラブルが減る

紙おむつを使っている現状でお子さんの肌トラブルが気になる場合、紙おむつの素材が肌を刺激している可能性があります。そういう場合には特に、布おむつを試してみましょう!
お尻のかぶれや肌荒れにさよならできるかもしれません。

お財布にエコ

紙おむつってSサイズでも1枚あたり15円程度かかりますよね。Lサイズなら20円以上してきます。それが1日に5~10枚前後、1か月で3,000円~5,000円って考えると意外となかなかの出費になるんですよね!

ところが、布おむつの場合は成長して子供が大きくなったら、布おむつカバーを大きいものに買い替えるだけでいいのです。布の部分は新生児の頃から使いまわしができます。布おむつカバーは洗い替えを含めて4~5枚用意すればOK!おむつカバーは物によりますが1枚あたり1,000円程度で買えます。西松屋チェーンなら2枚セットで1,500円程度で買えちゃいます。

また、一人っ子予定ならそれほどお得感は感じられないかもしれませんが、兄弟姉妹ができると考えると、そのまま下のお子さんに布おむつをお下がりして使うことができるので、お得感はさらに増えます!
そう考えると、お財布にとっても優しいおむつですよね。

地球にとってもエコ!おむつゴミが減る

おむつゴミが減るというのも、メリットですね。かわいい我が子のものと言えども、汚物は汚物。特に夏場におむつから漏れてくる臭いは、かなりツライものがあります。消臭剤を用意したり、おむつが臭わなくなる袋を買ってきて入れるのもいいのですが、やっぱりそれでもどうしても臭ってくる、臭いが漏れてくるというのが正直なところではないでしょうか。

布おむつの場合は、汚物はその日のうちに処理してしまうので、臭いはありません。おしりふき以外のおむつゴミは出ず、次のゴミ出し日が待ち遠しいなんてこともなくなります。

買い置きが必要ない

安売りしている時にまとめ買いするご家庭も、少なくないと思います。そうなると、買い置きの箱や袋はどこに置いておくのかという問題が出てきますよね。
そこら辺にポンと置いておくのも見栄えが悪いし、かといって収納にしまい込むのも出し入れが大変だったり…

布おむつではそういった困りごとはなく、洋服ダンスや赤ちゃん用品入れに入れておくだけで十分なのです。そんなに大量には必要ないものですし、思っているほどかさばりません。

汚されても気にならない

特に新生児の赤ちゃんでよくあるのが、今替えたばっかりなのにもうおしっこしてる!と言ったチョロチョロおしっこではないでしょうか。さっき替えたばっかりだしもったいない、替えようかどうしようか、と悩むこともありますよね。

布おむつでは、もったいないと考えることなく、潔く替えることができます。結果、赤ちゃんも私たち親も、気持ちよく過ごすことができます。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

赤ちゃんの成長記録を残そう!オススメ育児記録アプリ6選

赤ちゃんの成長記録、残してあげたいけどどうしたらいいんだろう、どれがいいんだろう、と迷ってるママさんたち。簡…

ヤギヤギコ / 2190 view

赤ちゃんや子連れでの帰省や旅行で準備しておくと便利なもの5選

赤ちゃんや小さな子連れでの帰省や旅行は移動時が1番気を使いますよね。そんな時にあると便利なものアイテムをご紹…

sumomomama / 2270 view

子供の脳を鍛える!人気のレゴブロックが習える教室があった

昔から愛されているレゴブロック。小さい頃好きだった方も多いのでは。レゴは知育玩具としても有名ですね。そんなレ…

oppekeizm / 3362 view

みんなはどうしてる?赤ちゃんもママも幸せな卒乳の方法とは?

1歳の誕生日を迎えた頃から、卒乳について考え始める人が多くなるのではないでしょうか?時期やタイミング、やめ方…

tikatika / 3355 view

苦手から大好きに!図工で悩む小学生は身近な素材で工作しよう

ペットボトルや牛乳パック。家庭にあるものを自由に折ったり切ったり…どんな作品になるのでしょうか。子どもの創造…

サクマメグム / 5636 view

好奇心を育てる図鑑のある暮らし。子どもが夢中になる図鑑5選

子どもの頃、夢中になった図鑑はありませんか?今回は、最新の図鑑情報とおすすめをご紹介します。お気に入りの1冊…

サクマメグム / 3480 view

男性も育児休暇を取るべき?育児休業給付金と条件について

育児休暇と言えば以前なら女性だけが取得する制度のようなイメージでしたが、現在では男性が取得しても珍しくはあり…

いっち / 8735 view

子供と行って良かった遊び場5選

1歳台の子供を楽しませようと色々な所へ行きました。喜んでくれた遊び場をご紹介します。 ご家族でぜひ出かけてみ…

akimama / 47177 view

幼稚園児にやらせたい習い事&実際にやらせて良かった習い事まとめ

お子さんが大きくなってくると、やらせてみたくなる習い事。最近は色んな種類があって迷ってしまいますね。 お子さ…

akimama / 8060 view

コスパも良いし子どもも夢中!休日おでかけでお菓子の工場見学

テーマパークもいいけれど、勉強にもなって安上がりな工場見学は小学生のお子さんをもつママさんにおススメの場所で…

森野万弥 / 6193 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック