あなたは布おむつ育児にどんなイメージを持っていますか?
ちょっとめんどくさそうという声も多いと思います。でもきっと、今これを読んでくれているパパやママの中には、布おむつで育ってきた方もいるのではないでしょうか。

布おむつ育児の実際はどんな感じなのか、紙おむつと布おむつの違いを比較しながら、メリットとデメリットを見てみましょう。

布おむつ育児を始めるきっかけ

節約

布おむつを始めるきっかけとして一番多いのは、節約したいからというものが多いようです。紙おむつは、サイズにもよりますが、一番よく使うLサイズで考えると、1枚当たり安くても20円以上はかかりますよね。これが1日平均7枚程度と考えると、出費も馬鹿になりません。

肌荒れ

紙おむつは名前に紙がついていますが、紙だけでできているわけではありません。表面材や吸収材などのいくつかの層に分けられて、ポリエステル不織布や高分子吸水剤、ポリエチレンフィルムなどのケミカル素材が使われています。

CMや広告でもよく見るように、確かに触感はサラサラしているのですが、とっても弱い赤ちゃんの肌に、これらの石油由来のケミカル物質を使うのは抵抗があるというママも少なくはないでしょう。実際に紙おむつの素材が原因で肌荒れを起こしている赤ちゃんもいます。
そういったことが理由となって、布おむつを使い始めるママもいることでしょう。

布おむつを使うメリット

肌トラブルが減る

紙おむつを使っている現状でお子さんの肌トラブルが気になる場合、紙おむつの素材が肌を刺激している可能性があります。そういう場合には特に、布おむつを試してみましょう!
お尻のかぶれや肌荒れにさよならできるかもしれません。

お財布にエコ

紙おむつってSサイズでも1枚あたり15円程度かかりますよね。Lサイズなら20円以上してきます。それが1日に5~10枚前後、1か月で3,000円~5,000円って考えると意外となかなかの出費になるんですよね!

ところが、布おむつの場合は成長して子供が大きくなったら、布おむつカバーを大きいものに買い替えるだけでいいのです。布の部分は新生児の頃から使いまわしができます。布おむつカバーは洗い替えを含めて4~5枚用意すればOK!おむつカバーは物によりますが1枚あたり1,000円程度で買えます。西松屋チェーンなら2枚セットで1,500円程度で買えちゃいます。

また、一人っ子予定ならそれほどお得感は感じられないかもしれませんが、兄弟姉妹ができると考えると、そのまま下のお子さんに布おむつをお下がりして使うことができるので、お得感はさらに増えます!
そう考えると、お財布にとっても優しいおむつですよね。

地球にとってもエコ!おむつゴミが減る

おむつゴミが減るというのも、メリットですね。かわいい我が子のものと言えども、汚物は汚物。特に夏場におむつから漏れてくる臭いは、かなりツライものがあります。消臭剤を用意したり、おむつが臭わなくなる袋を買ってきて入れるのもいいのですが、やっぱりそれでもどうしても臭ってくる、臭いが漏れてくるというのが正直なところではないでしょうか。

布おむつの場合は、汚物はその日のうちに処理してしまうので、臭いはありません。おしりふき以外のおむつゴミは出ず、次のゴミ出し日が待ち遠しいなんてこともなくなります。

買い置きが必要ない

安売りしている時にまとめ買いするご家庭も、少なくないと思います。そうなると、買い置きの箱や袋はどこに置いておくのかという問題が出てきますよね。
そこら辺にポンと置いておくのも見栄えが悪いし、かといって収納にしまい込むのも出し入れが大変だったり…

布おむつではそういった困りごとはなく、洋服ダンスや赤ちゃん用品入れに入れておくだけで十分なのです。そんなに大量には必要ないものですし、思っているほどかさばりません。

汚されても気にならない

特に新生児の赤ちゃんでよくあるのが、今替えたばっかりなのにもうおしっこしてる!と言ったチョロチョロおしっこではないでしょうか。さっき替えたばっかりだしもったいない、替えようかどうしようか、と悩むこともありますよね。

布おむつでは、もったいないと考えることなく、潔く替えることができます。結果、赤ちゃんも私たち親も、気持ちよく過ごすことができます。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

お宮参りって何?初穂料の相場やのし袋の書き方をレクチャー

大変だった出産も終え、育児にも少しだけ慣れてきた頃、待ち構えているのはお宮参りという一大イベント!そもそもお…

kaeru_5 / 661 view

こどもの習い事に迷ったら…。スイミングで心も体も鍛えよう

スイミングは、こどもの習い事として常に人気があります。どのような理由があるのでしょうか。今回は、スイミングを…

サクマメグム / 1583 view

そうだったのか!子育てがよくわかるおすすめ育児本8選

はじめての子育てはわからないことばかり!そんなときのおススメの本をご紹介します。ぜひ子育てを楽しんでください…

minmama / 1807 view

ゴールデンエイジって何?幼児期の運動遊びをお勧めする理由とは?

幼少期に、さまざまな動きを体験することが、その後の運動能力を左右します。 誰もがスポーツ選手を目指すわけでは…

よしだ あき / 2877 view

これがあったら便利!幼稚園入園準備で使いたいグッズ紹介

初めての幼稚園。お子さんもワクワク楽しみですね♪でも入園準備をするママは色々買い揃えたりお名前を書いたり大忙…

snowfairy / 1914 view

お宮参りの服装やマナーをご紹介。男の子と女の子のちがいとは?

赤ちゃんが生まれて1ヵ月程度経つと、初めての外出「お宮参り」です。地域によって風習も異なるので、出産前にチェ…

サクマメグム / 1813 view

新生児も便秘になる!知っておくと役立つ便秘予防・解消法

新生児の頃ってうんちもゆるゆるで便秘とは無縁に見えるのですが、意外と便秘になることも多いのです。何かと心配な…

m.tnaka0221 / 1043 view

赤ちゃんの抱っこ紐で人気なエルゴ!人気の理由や正しい使い方

街中で抱っこ紐を使って、赤ちゃんを前抱きしているママをよく見かけませんか?エルゴという抱っこ紐が人気なようで…

kaeru_5 / 779 view

大阪で遊ぶならここ!子供が喜ぶ日帰りで大満足の遊び場5選

ファミリーだけでなくおじいちゃんおばあちゃんとも一緒に出掛けられる大阪のレジャー施設を集めてみました。大阪で…

yoseyose / 2121 view

赤ちゃんの知育玩具としても人気なボーネルンドの積み木とは?

ボーネルンドの積み木は出産祝いやベビーの知育玩具として人気があります。今回はそんなボーネルンドの積み木をご紹…

hanako17 / 1839 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック