あなたは布おむつ育児にどんなイメージを持っていますか?
ちょっとめんどくさそうという声も多いと思います。でもきっと、今これを読んでくれているパパやママの中には、布おむつで育ってきた方もいるのではないでしょうか。

布おむつ育児の実際はどんな感じなのか、紙おむつと布おむつの違いを比較しながら、メリットとデメリットを見てみましょう。

布おむつ育児を始めるきっかけ

節約

布おむつを始めるきっかけとして一番多いのは、節約したいからというものが多いようです。紙おむつは、サイズにもよりますが、一番よく使うLサイズで考えると、1枚当たり安くても20円以上はかかりますよね。これが1日平均7枚程度と考えると、出費も馬鹿になりません。

肌荒れ

紙おむつは名前に紙がついていますが、紙だけでできているわけではありません。表面材や吸収材などのいくつかの層に分けられて、ポリエステル不織布や高分子吸水剤、ポリエチレンフィルムなどのケミカル素材が使われています。

CMや広告でもよく見るように、確かに触感はサラサラしているのですが、とっても弱い赤ちゃんの肌に、これらの石油由来のケミカル物質を使うのは抵抗があるというママも少なくはないでしょう。実際に紙おむつの素材が原因で肌荒れを起こしている赤ちゃんもいます。
そういったことが理由となって、布おむつを使い始めるママもいることでしょう。

布おむつを使うメリット

肌トラブルが減る

紙おむつを使っている現状でお子さんの肌トラブルが気になる場合、紙おむつの素材が肌を刺激している可能性があります。そういう場合には特に、布おむつを試してみましょう!
お尻のかぶれや肌荒れにさよならできるかもしれません。

お財布にエコ

紙おむつってSサイズでも1枚あたり15円程度かかりますよね。Lサイズなら20円以上してきます。それが1日に5~10枚前後、1か月で3,000円~5,000円って考えると意外となかなかの出費になるんですよね!

ところが、布おむつの場合は成長して子供が大きくなったら、布おむつカバーを大きいものに買い替えるだけでいいのです。布の部分は新生児の頃から使いまわしができます。布おむつカバーは洗い替えを含めて4~5枚用意すればOK!おむつカバーは物によりますが1枚あたり1,000円程度で買えます。西松屋チェーンなら2枚セットで1,500円程度で買えちゃいます。

また、一人っ子予定ならそれほどお得感は感じられないかもしれませんが、兄弟姉妹ができると考えると、そのまま下のお子さんに布おむつをお下がりして使うことができるので、お得感はさらに増えます!
そう考えると、お財布にとっても優しいおむつですよね。

地球にとってもエコ!おむつゴミが減る

おむつゴミが減るというのも、メリットですね。かわいい我が子のものと言えども、汚物は汚物。特に夏場におむつから漏れてくる臭いは、かなりツライものがあります。消臭剤を用意したり、おむつが臭わなくなる袋を買ってきて入れるのもいいのですが、やっぱりそれでもどうしても臭ってくる、臭いが漏れてくるというのが正直なところではないでしょうか。

布おむつの場合は、汚物はその日のうちに処理してしまうので、臭いはありません。おしりふき以外のおむつゴミは出ず、次のゴミ出し日が待ち遠しいなんてこともなくなります。

買い置きが必要ない

安売りしている時にまとめ買いするご家庭も、少なくないと思います。そうなると、買い置きの箱や袋はどこに置いておくのかという問題が出てきますよね。
そこら辺にポンと置いておくのも見栄えが悪いし、かといって収納にしまい込むのも出し入れが大変だったり…

布おむつではそういった困りごとはなく、洋服ダンスや赤ちゃん用品入れに入れておくだけで十分なのです。そんなに大量には必要ないものですし、思っているほどかさばりません。

汚されても気にならない

特に新生児の赤ちゃんでよくあるのが、今替えたばっかりなのにもうおしっこしてる!と言ったチョロチョロおしっこではないでしょうか。さっき替えたばっかりだしもったいない、替えようかどうしようか、と悩むこともありますよね。

布おむつでは、もったいないと考えることなく、潔く替えることができます。結果、赤ちゃんも私たち親も、気持ちよく過ごすことができます。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

苦手から大好きに!図工で悩む小学生は身近な素材で工作しよう

ペットボトルや牛乳パック。家庭にあるものを自由に折ったり切ったり…どんな作品になるのでしょうか。子どもの創造…

サクマメグム / 5960 view

見た目もキュート!オススメの子供用水遊びおもちゃ5点

子供は水遊びが大好き! おもちゃがあればベランダプールもゆっくり楽しめます♪ お風呂でのコミュニケーションに…

akimama / 5892 view

これは使える!泣きぐずる赤ちゃんがおとなしくなる方法5選

赤ちゃんが泣きやまなくて困った経験、誰しもあると思います。 「うちはこれで泣き止んだ」と評判の、動画、アプリ…

さくらしまこ / 14083 view

一人で抱え込まないで、ママのための育児相談サービス

育児に関して悩んだ時に、誰に相談していますか?意外と知り合いじゃない方が話しやすいってことありませんか?ママ…

ReilyLady / 1732 view

幼児期の靴選びはここに注目!歩きやすさ&足の変形対策を考慮した選び方5つ

幼児期の靴選びは、とても重要度が高いと言われています。 ここをしっかりと行なうことで、抱っこをする回数を減ら…

HF-LIFE / 3264 view

エルゴの使い方が分からない?新米ママへのおすすめ動画5選

初めての子育て。抱っこ紐はエルゴという方も多いと思います。でも使おうとしてみると「窮屈そうでけど大丈夫?」「…

ピロ子 / 2320 view

うるさすぎるママ友にうんざり・・・。文句の対象になりやすい5つのママファッション!!

ママのファッション面って、話題に上りやすいですよね。しかも自分のことは棚にあげて、人のことばかり口ずさむママ…

HF-LIFE / 17795 view

産後の脱毛症・・・。一体いつになれば生えてくるの?

産後の脱毛症は、出産後の女性の7割が体験することだと言われています。 気が付くと、前髪が全部なくなってしまっ…

HF-LIFE / 1701 view

トイレトレーニングの際、役立つ方法5選

暖かくなってきたし、そろそろオムツを外してトイレトレーニングをさせようかな?と考えている時期ですね。 トレー…

momama / 5065 view

雨の日に助かる!お家で出来る安全で楽しい室内遊び5選

室内遊びって難しいですよね。ケガが心配で活発には行動できないし、でも子供のストレスは解消してあげたいし…今回…

atuhanaママ / 3168 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック