あなたは布おむつ育児にどんなイメージを持っていますか?
ちょっとめんどくさそうという声も多いと思います。でもきっと、今これを読んでくれているパパやママの中には、布おむつで育ってきた方もいるのではないでしょうか。

布おむつ育児の実際はどんな感じなのか、紙おむつと布おむつの違いを比較しながら、メリットとデメリットを見てみましょう。

布おむつ育児を始めるきっかけ

節約

布おむつを始めるきっかけとして一番多いのは、節約したいからというものが多いようです。紙おむつは、サイズにもよりますが、一番よく使うLサイズで考えると、1枚当たり安くても20円以上はかかりますよね。これが1日平均7枚程度と考えると、出費も馬鹿になりません。

肌荒れ

紙おむつは名前に紙がついていますが、紙だけでできているわけではありません。表面材や吸収材などのいくつかの層に分けられて、ポリエステル不織布や高分子吸水剤、ポリエチレンフィルムなどのケミカル素材が使われています。

CMや広告でもよく見るように、確かに触感はサラサラしているのですが、とっても弱い赤ちゃんの肌に、これらの石油由来のケミカル物質を使うのは抵抗があるというママも少なくはないでしょう。実際に紙おむつの素材が原因で肌荒れを起こしている赤ちゃんもいます。
そういったことが理由となって、布おむつを使い始めるママもいることでしょう。

布おむつを使うメリット

肌トラブルが減る

紙おむつを使っている現状でお子さんの肌トラブルが気になる場合、紙おむつの素材が肌を刺激している可能性があります。そういう場合には特に、布おむつを試してみましょう!
お尻のかぶれや肌荒れにさよならできるかもしれません。

お財布にエコ

紙おむつってSサイズでも1枚あたり15円程度かかりますよね。Lサイズなら20円以上してきます。それが1日に5~10枚前後、1か月で3,000円~5,000円って考えると意外となかなかの出費になるんですよね!

ところが、布おむつの場合は成長して子供が大きくなったら、布おむつカバーを大きいものに買い替えるだけでいいのです。布の部分は新生児の頃から使いまわしができます。布おむつカバーは洗い替えを含めて4~5枚用意すればOK!おむつカバーは物によりますが1枚あたり1,000円程度で買えます。西松屋チェーンなら2枚セットで1,500円程度で買えちゃいます。

また、一人っ子予定ならそれほどお得感は感じられないかもしれませんが、兄弟姉妹ができると考えると、そのまま下のお子さんに布おむつをお下がりして使うことができるので、お得感はさらに増えます!
そう考えると、お財布にとっても優しいおむつですよね。

地球にとってもエコ!おむつゴミが減る

おむつゴミが減るというのも、メリットですね。かわいい我が子のものと言えども、汚物は汚物。特に夏場におむつから漏れてくる臭いは、かなりツライものがあります。消臭剤を用意したり、おむつが臭わなくなる袋を買ってきて入れるのもいいのですが、やっぱりそれでもどうしても臭ってくる、臭いが漏れてくるというのが正直なところではないでしょうか。

布おむつの場合は、汚物はその日のうちに処理してしまうので、臭いはありません。おしりふき以外のおむつゴミは出ず、次のゴミ出し日が待ち遠しいなんてこともなくなります。

買い置きが必要ない

安売りしている時にまとめ買いするご家庭も、少なくないと思います。そうなると、買い置きの箱や袋はどこに置いておくのかという問題が出てきますよね。
そこら辺にポンと置いておくのも見栄えが悪いし、かといって収納にしまい込むのも出し入れが大変だったり…

布おむつではそういった困りごとはなく、洋服ダンスや赤ちゃん用品入れに入れておくだけで十分なのです。そんなに大量には必要ないものですし、思っているほどかさばりません。

汚されても気にならない

特に新生児の赤ちゃんでよくあるのが、今替えたばっかりなのにもうおしっこしてる!と言ったチョロチョロおしっこではないでしょうか。さっき替えたばっかりだしもったいない、替えようかどうしようか、と悩むこともありますよね。

布おむつでは、もったいないと考えることなく、潔く替えることができます。結果、赤ちゃんも私たち親も、気持ちよく過ごすことができます。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

美味しくてはずれなし!NHKのきょうの料理の夏レシピ

料理のプロの講師が伝授するレシピは、ハズレがなくてとっても美味しいです。暑い季節は食欲不振になりがちですが、…

kanakuma / 1288 view

おしゃれで機能的!子ども用レインブーツの選び方とおすすめ5選

子どものレインブーツ、たくさんの種類がありますよね。素材や履き心地など、選ぶときのポイントをご紹介します。

サクマメグム / 250 view

いよいよ補助なし自転車に挑戦!楽しく練習できるコツをご紹介

補助なし自転車の練習は、子どもにとって、とても大きなチャレンジです。短期間でスイスイ乗れるようになる「伝え方…

サクマメグム / 62 view

【ディズニーランド攻略法】一人座りができるようになってからの楽しみ方まとめ

子どもが大きくなり、もうそろそろ楽しめるかな?と遊びに行く前に子連れディズニーの楽しみ方を知っておきましょう…

nana2boys / 3741 view

【子連れお出かけ荷物】カバンを軽くするためのグッズ5選

子連れのお出かけはどうしても荷物が多くなりがちです。出先で見舞われるさまざまなトラブルに念のために持つ荷物で…

nana2boys / 12458 view

「ベビー服が可愛いすぎます!」こんなデザインもあるの!?

可愛い盛りの「赤ちゃん黄金期」を逃さないで下さい!今しか着られない、着てくれない?ベビー服をご紹介。イベント…

ひらり / 403 view

将来のために!資格取得に向けてママが勉強に集中する方法とは?

子育てしながら資格をとる!目標に向かってがんばるママは素敵です。家事や育児と勉強を上手に両立させる方法と、マ…

サクマメグム / 166 view

【夏のお楽しみ】キッズワークショップまとめ

お子様の夏休みのお楽しみ企画として、キッズワークショップを計画してみてはいかがですか?小さい子も参加可能なワ…

nana2boys / 2971 view

赤ちゃんの便秘をすっきり解消!離乳食いちおしレシピ

おっぱいをあげていた頃はあんなに出ていたのに、離乳食を始めてからもう何日も赤ちゃんのうんちがでてくれない…。…

tokakko / 675 view

【子連れBBQ】便利だったもの・活躍したもの7選

季節柄、アウトドアの機会も増えてきますよね。もともとアウトドア好きだった方もそうではない方も、子どもがいると…

nana2boys / 4888 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック