生理と上手に付き合えてますか?生理とは上手に付き合っていきたいと考える女性も多いと思います。
女性にとって生理とは、初潮から閉経まで平均で40年近く付き合っていくものです。人間関係でいうと、親友みたいなものですよね。嫌になるときもあるけど、なくてはならないとても大切なものです。
生理の周期と身体、心には大きな関係があったのです。それを紐解いてみましょう。

生理周期について

生理周期とは

生理初日から翌月の生理開始の前日までを1周期という考え方をします。

ホルモンの影響

女性のカラダで分泌されるホルモンは、エストロゲン、プロゲステロン、オキシトシン、テストステロンの4つで、これらのホルモンが女性の精神状態に大きな影響を与えています。この4種類のホルモンが、生理周期に合わせて増えたり減ったりすることにより、身体と心の状態を支えているのです。
中でも、女性らしさをもたらす卵胞ホルモンのエストロゲンと、妊娠のために必要な黄体ホルモンのプロゲステロンは生理周期による変化が著しいホルモンです。

反対に、男性の精神に影響を与えているのは、男性ホルモンであるテストステロンのみで変化はほとんどありません。

肌の潤いを保ったり、肌のハリを保ち、シワやタルミを予防する働きを持つのは「エストロゲン」です。エストロゲンは女性が女性らしくあるために必要なホルモンですが、分泌が多すぎると子宮内膜症、子宮筋腫、乳がんなど女性特有の病気のリスクが高くなると言われています。
また、加齢とともにエストロゲンの分泌は減っていきます。更年期障害は、エストロゲンの分泌減少が原因となり引き起こされるものです。

生理周期は4つに分けられる

ほとんどの人が、生理は1ヵ月に1度くると思います。この生理周期は、時期によって4つに分けられます。
■生理期:生理初日~7日間程度
■卵胞期:生理後(排卵前)~7日間程度
■排卵期:排卵後~7日間程度
■黄体期:生理前~7日間程度

生理期

体の状態

生理期にはプロゲステロンの分泌が減少します。生理による生理痛や頭痛、吐き気、倦怠感など生理にまつわるさまざまな不調を感じる方がほとんどで、中には生理の出血で貧血気味になる方もいますね。また、体の抵抗力も落ちてしまっているため、風邪などをひきやすかったり、アレルギーが出やすかったりします。
プロゲステロンは体温を上げる働きもしているため、減少することにより体が冷え、血行が悪くなるので、体がむくみがちにもなります。

お肌に関して言えば、乾燥しがちな時期。この時期はしっかり保湿をしましょう。生理前にあたる黄体期の頃にできてしまった肌トラブルも、治りにくい時期です。

心の状態

プロゲステロンは精神の安定をもたらすホルモンなので、減少することにより疲労感やイライラ、不安感が出やすくなります。気分が落ち込みやすく、鬱々とした気分になることも多いです。
また神経質になる方も多く、自分自身の臭いなどにも敏感になる時期です。

生活のアドバイス

リフレッシュ期とも呼ばれるこの時期は、基礎体温を記録し始めるのに最も適した時期と言えます。基礎体温は自分の身体を知るためにとっても大切なものです。是非、この機会に始めましょう。

マッサージやストレッチなどで体を温めましょう。プロゲステロンの減少で血行が悪くなっています。下着で体を締め付けると、さらに血行が悪くなってしまいます。できるだけゆったり過ごせる服装や下着で過ごしましょう。
生理の出血で貧血気味にもなっています。鉄分やたんぱく質をしっかり摂るようにしましょう。

卵胞期



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

人にもうつる?妊娠中のママや子供が気をつけたい猫の病気とは

妊婦さんは飼っている猫ちゃんにも気をつけなくてはいけないと知っていましたか?今回は、猫からもらってしまう可能…

ReilyLady / 1983 view

子供のために知っておきたいB型肝炎とワクチンのこと

平成28年10月1日から、定期接種になったB型肝炎ワクチン。よく耳にするけれど、詳しくは知らないB型肝炎とい…

tikatika / 2091 view

デスクワークは骨盤にダメージ!椅子の正しい座り方を紹介

仕事中ずっと座っていると、腰が痛くなったりしませんか? また、腰痛に悩まされる人も多いでしょう。 腰痛を予防…

Blonline28 / 1668 view

心と身体の不安を感じたら…ブレインクリニック東京へ行ってみよう!脳の状態が目に見える…

もしかしたら…と思ってもなかなか心の病気は理解してもらえないので病院に通うのをためらっている人もいるのではな…

綿バネ / 163 view

知らないと怖い!クループ症候群とそのケア方法

子どもが「ケンケン」といつもと違った咳をしていたらクループ症候群を疑いましょう。急激に悪化し呼吸困難になるこ…

nana2boys / 35648 view

入院のお見舞い何にしよう?喜んでもらえる品物5選

友人や親戚が入院!そんな時、すぐにでもお見舞いに行って元気づけてあげたいですよね。でも、持っていくものってど…

myia / 3387 view

大人も要注意、咽頭結膜熱(プール熱)について注意すべき点をまとめています

咽頭結膜熱(プール熱)が学校保健法において指定伝染病と定められているのをご存知ですか。しっかりと知識を身につ…

さくらしまこ / 8122 view

水仕事で手に水虫が。『酢』の力を借りると対策がとれる!?

結婚をすると水仕事が増えます。 その為、ひび割れや手水虫など、手の悩みがつきないようになることも。 特に水虫…

HF-LIFE / 6694 view

いざという時の事考えていますか?入院費と高額医療制度について

いつも健康で怪我もなく過ごせるのが理想ですが、怪我や病気は予告なくやってきます。いざという時に困らないために…

ReilyLady / 1888 view

幼少期こそ重症化しやすい【マイコプラズマ肺炎】の症状とは?

マイコプラズマ肺炎は、幼少期や学童期が最も症状を悪化させやすい時期だと言われています。 風邪がなかなか治らな…

HF-LIFE / 2939 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック