生理と上手に付き合えてますか?生理とは上手に付き合っていきたいと考える女性も多いと思います。
女性にとって生理とは、初潮から閉経まで平均で40年近く付き合っていくものです。人間関係でいうと、親友みたいなものですよね。嫌になるときもあるけど、なくてはならないとても大切なものです。
生理の周期と身体、心には大きな関係があったのです。それを紐解いてみましょう。

生理周期について

生理周期とは

生理初日から翌月の生理開始の前日までを1周期という考え方をします。

ホルモンの影響

女性のカラダで分泌されるホルモンは、エストロゲン、プロゲステロン、オキシトシン、テストステロンの4つで、これらのホルモンが女性の精神状態に大きな影響を与えています。この4種類のホルモンが、生理周期に合わせて増えたり減ったりすることにより、身体と心の状態を支えているのです。
中でも、女性らしさをもたらす卵胞ホルモンのエストロゲンと、妊娠のために必要な黄体ホルモンのプロゲステロンは生理周期による変化が著しいホルモンです。

反対に、男性の精神に影響を与えているのは、男性ホルモンであるテストステロンのみで変化はほとんどありません。

肌の潤いを保ったり、肌のハリを保ち、シワやタルミを予防する働きを持つのは「エストロゲン」です。エストロゲンは女性が女性らしくあるために必要なホルモンですが、分泌が多すぎると子宮内膜症、子宮筋腫、乳がんなど女性特有の病気のリスクが高くなると言われています。
また、加齢とともにエストロゲンの分泌は減っていきます。更年期障害は、エストロゲンの分泌減少が原因となり引き起こされるものです。

生理周期は4つに分けられる

ほとんどの人が、生理は1ヵ月に1度くると思います。この生理周期は、時期によって4つに分けられます。
■生理期:生理初日~7日間程度
■卵胞期:生理後(排卵前)~7日間程度
■排卵期:排卵後~7日間程度
■黄体期:生理前~7日間程度

生理期

体の状態

生理期にはプロゲステロンの分泌が減少します。生理による生理痛や頭痛、吐き気、倦怠感など生理にまつわるさまざまな不調を感じる方がほとんどで、中には生理の出血で貧血気味になる方もいますね。また、体の抵抗力も落ちてしまっているため、風邪などをひきやすかったり、アレルギーが出やすかったりします。
プロゲステロンは体温を上げる働きもしているため、減少することにより体が冷え、血行が悪くなるので、体がむくみがちにもなります。

お肌に関して言えば、乾燥しがちな時期。この時期はしっかり保湿をしましょう。生理前にあたる黄体期の頃にできてしまった肌トラブルも、治りにくい時期です。

心の状態

プロゲステロンは精神の安定をもたらすホルモンなので、減少することにより疲労感やイライラ、不安感が出やすくなります。気分が落ち込みやすく、鬱々とした気分になることも多いです。
また神経質になる方も多く、自分自身の臭いなどにも敏感になる時期です。

生活のアドバイス

リフレッシュ期とも呼ばれるこの時期は、基礎体温を記録し始めるのに最も適した時期と言えます。基礎体温は自分の身体を知るためにとっても大切なものです。是非、この機会に始めましょう。

マッサージやストレッチなどで体を温めましょう。プロゲステロンの減少で血行が悪くなっています。下着で体を締め付けると、さらに血行が悪くなってしまいます。できるだけゆったり過ごせる服装や下着で過ごしましょう。
生理の出血で貧血気味にもなっています。鉄分やたんぱく質をしっかり摂るようにしましょう。

卵胞期



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

いざという時の事考えていますか?入院費と高額医療制度について

いつも健康で怪我もなく過ごせるのが理想ですが、怪我や病気は予告なくやってきます。いざという時に困らないために…

ReilyLady / 1473 view

これで解決!くすり嫌いの子どもに上手に薬を飲ませる方法

抗生剤など、大人でも結構ニガイ薬ありますよね。 今回は、うまく飲ませる工夫やグッズをまとめています

さくらしまこ / 5293 view

急な子どもの病気、病院に連れて行くか悩んだ時のチェック診断

熱はあるのに元気。なんだか少し元気がない気がする。具合が悪そうだけど病院に連れて行くべき?急な子どもの病気は…

ReilyLady / 1564 view

いざという時に!知っておこう、乳幼児の心肺蘇生法

乳幼児の心肺蘇生法を知っていますか?意外と知られていない乳幼児の心肺蘇生法についてまとめました。

reichel / 4554 view

鼻づまり×咳でこどもが苦しそう!自宅で簡単にできる対処法5選

鼻づまりと咳により、こどもが上手く息ができているか心配・・・。夜中は特にこの様な症状がひどくなる時間帯です!…

HF-LIFE / 3113 view

【寒くなってきたらご用心!】中耳炎になったときの対処法

耳の中が突然痛くなる中耳炎。くせになると風邪を引くたびになってしまうことも。まだ言葉を上手に話せない小さな赤…

nana2boys / 4249 view

今年も大流行!家族で気をつけたい、溶連菌感染症について

流行中の溶連菌感染症。 症状や検査方法についてまとめてみました。

akimama / 3813 view

冬の【乾燥肌】がヤバい!内側から改善する食べ物って何?

冬場の乾燥肌はお化粧がうまくのらないし困りますよね。内側から乾燥を防いでくれる食べ物って何でしょう?ビタミン…

ひらり / 1700 view

家族がうつ病になってしまったら?精神科への入院は必要?

大切な家族が辛い思いをしているとき、いち早く支えてあげたいものですよね。もしも、家族がうつ病になってしまった…

ReilyLady / 1328 view

膀胱炎の症状はどんなもの?女性がかかりやすいって本当?

膀胱炎の症状や、かかる原因とは?女性がかかりやすいのはどうして?かかってしまったら何科を受診すればいいの?女…

tujico / 1209 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック