毎月生理は規則正しくきていますか?
生理不順を放っておくと、不妊の原因になります。また、大きな病気が原因で生理不順になっている可能性も考えられます。
生理不順には原因があります。自分の体をよく知ることで、生理不順におさらばして、健康な体を目指しましょう。

生理不順

生理が起こるメカニズム

生理は卵巣と子宮だけで起こっているわけではありません。
女性ホルモンの分泌指令を出す「視床下部」、体全体にホルモン分泌する「脳下垂体」の役割がとても大切になってきます。

流れとしては…
①視床下部が、脳下垂体に「成熟卵を作る」ホルモンの分泌を促すよう命令します。
②脳下垂体はその命令を受け、卵巣に成熟卵を作るように指示します。
③卵巣は指示に従い、成熟卵を作ります。
④成熟卵ができると、視床下部と脳下垂体に報告が届きます。
⑤そこで視床下部が脳下垂体に、今度は「排卵をする」ホルモンの分泌を促すよう命令します。
⑥脳下垂体はその命令を受け、卵巣に排卵をするよう指示します。
⑦卵巣は、子宮に対して子宮内膜を厚くするように指示し、先ほどの成熟卵を排卵します。
⑧子宮が排卵された卵子を受け取ります。

この時点で妊娠していなかった場合、生理がきます。

生理不順とは

基本的には、正常な生理以外は生理不順になります。正常な周期ではない生理が3か月未満の時は軽度、3か月以上続く時は重度になります。

正常な生理とは

正常な生理の周期は25日~38日です。正常な生理の期間は3日~7日です。
生理が規則正しく来ている方は、生理予定日の前後5日程度のズレなら、何の問題もないです。

生理不順の理由

生理不順の大半はホルモンバランスの崩れによるものです。中には病気の可能性もあるので、当てはまる方は婦人科検査を受けるようにしましょう。
上記の生理が起こるメカニズムの中で、ホルモン分泌がうまくいかなかったり、命令や指示で伝達ミスが起こったりしたときに、生理不順になります。
具体的にどういった理由で、伝達ミスやうまくいかないことが起こるのでしょうか。

やせすぎ、太りすぎ

やせすぎや太りすぎも生理不順の原因となります。
過度なダイエットにより体が栄養不足に陥ると、視床下部の動きが鈍くなり、ホルモンバランスが崩れます。
皮下脂肪からも女性ホルモンが分泌されるため、太りすぎの場合も女性ホルモン過多に陥った結果、卵巣の機能が低下してしまします。

ストレス

心に過度のストレスがかかると、視床下部の機能が低下してホルモン不足に陥ってしまいます。その結果、卵胞の成長が滞りがちになり、生理不順がおきやすくなってしまいます。

不規則な生活

栄養が偏った食事や睡眠不足は、ホルモンバランスが崩れる原因となります。日々の積み重ねが、生理不順を引き起こします。

病気の可能性



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

花粉症で目がかゆい時!効果バッチリのおすすめ目薬5選

つらい花粉症。くしゃみや鼻水もさることながら、目のかゆみもやっかいですよね。パソコンやスマホなどをよく使う人…

myia / 2082 view

確定申告の医療費控除まとめ・対象など申請前に把握したいこと

人それぞれではありますが、思った以上に出費がかさむ医療費。しかし確定申告を行えば、一定の金額を超えた部分に関…

いっち / 6022 view

授乳中のママ必見!産後ダイエットで気を付けたい食事

産後ダイエットで、とにかく早く体型を戻したいと思うあまり、食事制限をしてしまう方もいらっしゃいますが、食事制…

ReilyLady / 2568 view

女性なら正しく知っておきたい【子宮筋腫】の症状原因と治療法

女性特有の病気である子宮筋腫。言葉ではよく聞くものの、どのような病気なのかというのをあまりよく知らない方も多…

tokakko / 2101 view

産後ママの悩み。膀胱炎かも?と思ったらすみやかに治療を!

産後のマイナートラブルである細菌性膀胱炎。悩んでいる方も多いですよね。悪化しないよう、家庭でもできる治療と予…

サクマメグム / 1267 view

子供と自分のために、知っておきたい子宮頸がんと予防ワクチン

女性特有のがんのひとつ「子宮頸がん」。予防ワクチンの安全性についてニュースなどで取り上げられ、大きな話題とな…

tikatika / 2259 view

水仕事の多い主婦の大敵『ひび割れ』!!冬に備えて行なう5つの予防方法

水仕事の多い主婦の悩みの一つである、指先のひび割れ・・・。これって一度悪化させてしまうと、再度割れやすくなる…

HF-LIFE / 4314 view

子どもがなりやすい腎臓の病気って?もしなってしまったら?

腎臓病と言うのは、症状が分かりにくく、ただの風邪だと思っていたら腎臓の病気だったなんてこともあります。子ども…

ReilyLady / 1090 view

知らないと怖い!クループ症候群とそのケア方法

子どもが「ケンケン」といつもと違った咳をしていたらクループ症候群を疑いましょう。急激に悪化し呼吸困難になるこ…

nana2boys / 34508 view

お子さんのいるご家庭には特に知っておいていただきたい!光化学スモッグについて

乳幼児が影響を受けやすい、光化学スモッグについてまとめてみました。

akimama / 3255 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック