赤ちゃんにとっての初めての靴、ファーストシューズ。
あんよができるようになってくると、「そろそろ買い時かな?」と考えるパパママも多いことと思います。でも赤ちゃんの靴を選ぶときって、種類も形も素材も色々あって、どんなことに注意すればいいの?どんなものがいいの?と不安になりませんか?
そんなパパママのために、ファーストシューズの選び方をまとめました。是非参考にしてみてくださいね!

ファーストシューズの大切さとは

ファーストシューズってどんなものがあるの?

ファーストシューズには2種類の考え方があります。これはパパママがどういった認識でいるかという違いなのですが、それによって、選ぶ靴のタイプが変わってきます。

まず一つ目は、「お外に出るための練習としての室内履き」です。
お部屋の中で、靴に慣れてもらってから、お外に出たいというパパママにはこちらがオススメです。
室内履き用のファーストシューズは、底が柔らかく、地面(床)の感触を足で感じることができるようになっています。素足の感覚でいることができるため、赤ちゃんも抵抗なく履いてくれることが多いです。
ファーストシューズ=「外履きの靴の練習靴」といったイメージです。

底が柔らかい素材でできている分、アスファルトや石から守ってくれる要素としては少し弱いので、外に出ることは避けた方がいいでしょう。

二つ目は、「お外に出るための靴」で、お外で遊んだり、お散歩をして歩くために選ぶ靴です。お部屋の中での練習をせずにお外に出たいパパママにおススメです。
こちらは、底が大人のスニーカーのようにゴム素材でできていて、アスファルトや石などから足をしっかり守ってくれます。靴が丈夫なので、思いっきり遊べます。
ファーストシューズ=「赤ちゃんが初めて履く靴、全般」というイメージですね。

どちらを選んでも正解なのですが、赤ちゃんによっては、室内用の柔らかいファーストシューズで練習をしていても、いざ外履き用の靴を履くと泣いて履いてくれない、固まってしまって全く歩いてくれないという子も少なくはないので、「室内履きで練習したから大丈夫!」とあまり期待しすぎないことも大切ですね。

また、赤ちゃんのほとんどは、どちらを選んでも初めての靴に抵抗を示すものです。嫌がって泣く子もいれば、固まる子、スムーズに何もなかったかのように歩き始める子もいて、反応は様々です。その様子を動画に収めてもいい思い出になるかもしれませんね!

赤ちゃんの足はどんな感じ?

赤ちゃんの成長はそれぞれで、1歳未満でもトコトコ歩ける子も入れば、1歳半前後で歩き始める子もいます。どの時期に歩き始めた赤ちゃんでも共通して言えることは、「足の骨が未発達」だということ。
赤ちゃんの骨はとっても柔らかく、サイズや形など赤ちゃんに合った正しい靴を選んであげないと、足だけでなく体全体にまで影響を及ぼしかねません。

また、0歳から3歳までは、足のサイズが変わるのがビックリするほどとっても早いんです。ほとんどの子は2歳までは3か月で足が0.5cm伸びます。1年で2cmも大きくなるんですね。
ですので、足のサイズも定期的に測ってあげてほしいですね!気が付くと靴の中で指が曲がっていて歩きづらそうにしていたり、靴が小さくなってて足が痛くて脱ぎたがったり、靴嫌いになってしまう子もいます。

ファーストシューズの購入時期は?

つかまらずに、手を放して10歩以上歩けるようになる頃が目安です。
お洋服と同じように、少し早めにちょっと大きめを買って用意する方もいらっしゃいますが、赤ちゃんの足のサイズに合わせて買うことになるため、必ず「履かせたい」と思ったタイミングで買うようにしてください。

歩き始めの頃は足のサイズが毎日変わっていきます。気が付いたらサイズが小さくて履けなくなっていたということがないようにしましょう。

ファーストシューズの選び方のポイント

つま先が少しあがっていること

歩き始めたばかりの赤ちゃんは、まだ上手に歩くことができません。極端なことを言うと、足をズリズリしながら歩いています。
まだ歩くのが上手ではない赤ちゃんが、ちょっとした段差や障害物でこけてしまわないように、足先が少し上を向いているものを選ぶようにしましょう!

ローカットは避け、ミドルカット~少しハイカット気味ぐらいのもの

赤ちゃんの柔らかい足の骨を守ってあげるため、ローカットの靴は避け、ミドルカットぐらいの、カットが少し高めのものを選ぶようしてましょう。
よく「赤ちゃんの靴はハイカットのものを」という言葉を聞きますが、これはかかと部分の柔らかい骨の補強をするためなんです。ギプスをイメージするとわかりやすいですね。ただ、あまりにもハイカットすぎるもの(足首まであるようなもの)は足首の負担になってしまうため、ミドルカット~少しハイカット気味ぐらいのものがおススメです。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

忙しい主婦にオススメ!誰でも簡単にできる『ながらダイエット』

ダイエットしたい!けどジム行く暇もお金もない!家事に育児、働いていればなおさら時間がないですよね。そんな方に…

sumomomama / 1175 view

生命保険加入時に知っておきたい告知についてのまとめ

告知は生命保険に加入する時に、契約の対象となる人(被保険者)の最近の健康状態や既往歴、身体の障害、現在の職業…

もみあげ天使 / 328 view

うっかり子供の洋服に付けてしまった。頑固なファンデーションが落とせる方法!

子供や旦那さんとスキンシップをしていると、ついついファンデーションが洋服についてしまうこともありますよね。し…

HF-LIFE / 804 view

【子供と触れあうから身につけるものにこだわりたい】天然素材のオーガニック商品を使って…

妊娠や子供が産まれたことをきっかけにオーガニック製品やロハスな生活に興味があるけどドラッグストアのコスメ以外…

reichel / 3051 view

【冬の乾燥肌対策】カサカサが気になる前にグッズで防止!

寒い季節が近づくにつれて、気になるのが「乾燥」ですね。乾燥肌はお肌のバリア機能を低下させてしまいます。ママの…

ひらり / 1246 view

ふかふかのお布団で眠りたい!おすすめの布団乾燥機5選

花粉の季節や梅雨など、お布団を外に干すことがなかなかできない。それでもやっぱりお布団はふかふかがいい!そう思…

snowfairy / 674 view

簡単DIY!オシャレでセンスがいい100均インテリア

なんだか殺風景なお部屋になっていませんか?おしゃれなインテリアで暮らしをより豊かにしましょう。インテリアは出…

kanakuma / 7189 view

対面キッチン?アイランド型?子育てにおすすめなキッチン5選

自宅の中で、キッチンは特に大切な場所。物件を探す時、家を建てるときなどに注目するポイントです。アイランドキッ…

pippo / 1776 view

赤ちゃんや子どもにピッタリの賃貸マンションの探し方

子どもが小さいうちは、近隣住宅への音への配慮であったり、壁や床に傷をつけたくないなどの心配事がありますよね。…

m.tnaka0221 / 1187 view

こどものアレルギー対策!畳に生えてしまったカビ4つの駆除ポイント

近年増加傾向にある、こどものアレルギー割合は、4割を越えました。ほぼ半数のこどもが、アレルギー症状に悩んでい…

HF-LIFE / 4284 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック