突発性発疹とは、お腹の中でお母さんからもらった免疫がなくなる生後半年ぐらいから、2歳~3歳ぐらいまでの子供のほとんどがかかる病気と言われています。
2歳以上の子もかかることがありますが、中でも1歳未満の子が大半を占めており、初めての熱がこの「突発性発疹」だったという子も少なくありません。

そんな突発性発疹の対処法や気を付けることをまとめました。かかった時もそうですが、事前知識として知っておいて損はない情報だと思います。是非参考にしてくださいね。

突発性発疹ってどんな病気?

基本的には自然治癒する病気です。しかし怖いのが、とてもまれですが、重篤な合併症を起こした場合です。脳炎や脳症や劇症肝炎などがそれにあたります。注意してくださいね。

突発性発疹は、発疹が出るまでは何の病気かはっきりと分からない病気なのです。発疹が出たら「ああ、あの高熱は突発性発疹だったのね」という診断結果になる病気なのです。そのため、高熱が出た場合は他の病気の可能性も考えられるため、赤ちゃんの様子を見ながらかかりつけの医師の診察を受けるようにしましょうね。

原因は?

突発性発疹は、「ヒトヘルペスウイルス6型」と「ヒトヘルペスウイルス7型」の2種類のウイルスへの感染が原因です。これらのウイルスは一度感染すれば2度とかかることはないのですが、6型と7型にそれぞれ1回ずつ感染すれば、2回かかってしまいます。ただ7型への感染頻度は高くないため、2回感染する子は多くはありません。

ヒトヘルペスウイルスは感染すると、一生体内に残っているウイルスなので、主な感染経路は、ウイルスを持つ家族から赤ちゃんへの飛沫感染や経口感染だろうと考えられていますが、なぜ感染するのかということは、具体的にはまだ解明されていないそうです。

赤ちゃんは生後5ヶ月頃までは、お母さんからもらった免疫のおかげでこういった感染症から守られていますが、生後半年頃には免疫の力が弱まります。赤ちゃんが自分の力で、自分を守るための免疫が機能し始めるのが1歳頃なので、このタイミングでヒトヘルペスウイルスに感染してしまう子が多いのです。

症状は?

症状としては、
①38~39度ぐらいの高熱が3~4日続く
②熱が下がったころから発疹が現れる
大きくはこの二つです。咳や鼻水などはなく、発疹もかゆみはほとんどないものです。

吐き戻したり、下痢になる子も多いです。中には高熱のせいで「熱性痙攣(けいれん)」を起こす子もいて、こうなると対処に注意が必要です。

高熱でも機嫌よくしている子が多いのですが、熱が下がり発疹が現れてくると今までゴキゲンだったのが、嘘みたいにグズグズ機嫌が悪くなるのが特徴で、高熱が出ていた時より、その後の方が大変だったというママも少なくありません。

他の子供にはうつるの?

発祥するまでに約10日間程度の潜伏期間があり、発症した時にはすでに感染力は弱まっています。熱が出ている間はまだ感染力がありますが、発疹が出てしまえば、他の子供にはうつることはないと言われています。
ただ、こちらに関しては、かかりつけ医の判断によりますので、ご自身での判断は禁物です。また、保育所や利用施設によっては、園内ルールがあると思われますので、そちらに従うようにしてくださいね!

対処法は?

パパやママが落ち着くこと

まずは、お世話をするパパママが落ち着いて対処することが一番大切です。
40℃近い高熱が出ると、ビックリして慌てて救急病院に駆け込むパパママが多いですが、熱だけなのであれば基本的にはお家で様子を見てあげれば大丈夫です。
高熱が出て一番不安なのは赤ちゃん自身です。お世話をしてくれているパパママが慌てていると、赤ちゃんはさらに不安になってしまうので、どっしりと構えて対応してあげましょう。

ただ、高熱の理由が突発性発疹とは限らないので、お昼の時間帯に一度小児科を受診することをおすすめします。

水分補給をしっかりしましょう

突発性発疹は基本的には熱が下がるのを待つことしかできません。高熱が出ると体から大量の水分が奪われてしまいます。離乳食が始まっている場合は、いつもみたいには食べてくれない子も多いと思います。
脱水症状に気を付けて、おっぱいでもミルクでもお水でもいいので、普段飲んでいる飲み物をあげましょう。なかなか飲みたがらない子も多いと思いますが、一度で大量にではなく、こまめに少しずつ水分補給を行いましょう。

効率的に水分補給をするのであれば、「経口補水液」がオススメです。ただ、いつも飲んでいるものと味が違う飲み物は飲んでくれない子もいます。その子が飲んでくれるものを与えましょう。

冷やすか暖めるかは様子を見て判断しましょう



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

腸は第二の【脳】だった!気を付けるべき腸の病気とは?

脳と腸は互いに密接に関わりがあり、【第二の脳】とも呼ばれるほど。腸は人の身体の中で最大の免疫組織であるといわ…

tokakko / 2722 view

いざという時に!知っておこう、乳幼児の心肺蘇生法

乳幼児の心肺蘇生法を知っていますか?意外と知られていない乳幼児の心肺蘇生法についてまとめました。

reichel / 4919 view

身近な病気、子宮筋腫の手術費用や治療方法。もしものための知識

女性に起こる病気の代表とも言える子宮筋腫ですが、病気の事や治療方法は意外と知らないものですよね。女性ならば知…

ReilyLady / 1461 view

知らないと怖い!クループ症候群とそのケア方法

子どもが「ケンケン」といつもと違った咳をしていたらクループ症候群を疑いましょう。急激に悪化し呼吸困難になるこ…

nana2boys / 35425 view

女性必見!見落とすと命の危険も…気付かれにくい腎盂腎炎の症状

あまり耳にすることがない「腎盂腎炎(じんうじんえん)」。膀胱炎と似ていますが発見が遅れると大変危険な病気です…

makowork / 2376 view

子宮頸がんの検査は怖くない!当日の流れと検査方法を解説

女性が絶対に受けたほうがいいという子宮頸がんの検診、実際にどんな検査をするの?痛みはあるの?子宮頸がんの検診…

tujico / 2523 view

急な症状に慌てないために!普段から知っておきたい子どもの病気

突然が子に病気の症状があらわれたとき、どうしても慌てがちになってしまう親御さんも多いはず。いきなりの病気にか…

tokakko / 6599 view

愛するわが子を守るために、SIDS(乳幼児突然死症候群)という病を知ろう

子供の命を急に奪う原因不明の恐ろしい病、SIDS(乳幼児突然死症候群)についてです。

reichel / 4782 view

ついつい後回しになりがちな、パパの健康管理を考えよう!

子供の体のことは、いろいろ気がかりだけれど、パパのこととなると、ついつい後回しになりがち。しかも、肝心のパパ…

tikatika / 2271 view

毎年辛い花粉症、症状を少しでも緩和するためにできること

花粉症はなんでこんなにつらいんでしょう、そもそもなぜ花粉症になるんでしょうか。原因と対処法をまとめてみました…

蓮ママ / 882 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック