「今年こそは!」と家計簿をつけようと思っても、どういう風につけたらいいか考えますよね。きっちりやりすぎると途中でめんどくさくなってしまう方もいると思います。
家計簿はきっちりやるかどうかが大切なのではなくて、いかに続けるかということが大切なのです。じゃあどうすればいいのか。項目の設定を自分風にアレンジするととても続けやすくなります。

家計簿、続けられてますか?

どうして続かないんでしょうか?

きっと多くの人が「時間が無いから」「めんどくさいから」「書くのを忘れちゃって、そのまま続かなかった」と答えてくれることと思います。そうですよね、家計簿になかなか時間を割いてられないですよね。
だってやることが多くて、あんなに細かく決められてて、レシートの中で足したり引いたり、計算もしないといけないし、レシートももらい忘れる時があるし。

でも、理由は色々出てきても「家計簿が悪いからなんじゃないか?」と思う人って少ないと思います。それは、どれも同じような、似たようなものばかりだから。こんなもんだろうと思ってますよね?これがベストの形なんだろうって。

でもね、人って十人十色じゃないですか。苦手なことも人それぞれ、得意なことも人それぞれ。それなのに、同じようなタイプの家計簿のルールに縛られて書かないといけないから、続けられないんです。

鍵は項目の設定にあったのです

じゃあ、自分で作っちゃえばいいじゃない、と思いますよね?でも具体的にどうしたらいいのか分からないから、やっぱり市販のものになっちゃうって方が多いと思います。

そんな方々の苦手を克服する方法。その鍵は項目にあるんです。具体的には後述しますが、項目を自分のやりやすいように変えてしまえばいいんです。どうですか?それなら続けられそうな気がしてきませんか?

続けるには?

めんどくさいと思うことはしなければいいんです。
一週間や一ヶ月のまとめの計算のところ、苦手な方多いと思います。じゃあ計算しなくてもいいんじゃないでしょうか?だって、ざっくり把握できてますでしょう?
ノートに書くこと自体が嫌ですか?
じゃあ書かなきゃいいんです。ノートに書かなくてもお金の管理はできます。だって家計簿ってお金の管理をすることが目的で、書くことが目的な訳では無いでしょう?

こうやって、自分の苦手なことをスパッと切り捨ててしまうと、案外続けられるもんなんです。

続けやすい家計簿

項目を少なくする

項目を極端に少なくしてみてはどうでしょうか。
基本的には「食費」「日用品、雑費」「娯楽費」だけにし、残りは「その他」という項目に全部入れてしまえばいいのです。
これだけの項目なら、簡単じゃないですか?よく病院にかかる家庭なら「医療費」をプラスしたり、洋服の買い物をよく行う家庭なら「衣服」という項目をプラスすれば、自分で使いやすい項目になりますよね!

項目をお店ごとにする

項目がざっくりしたものでも気にならないという方にはこれ。
市販の家計簿って、「食費」「日用品」「交通費」「通信費」って感じで、どんなものを買ったか書くようになっていますよね?これを変えるんです。
一昔前とは違って、最近では交通系の電子マネーで日用品を買ったりすることありますよね?スーパーで白菜と一緒にトイレットペーパーを買うこともあるし、ドラッグストアでシャンプーと一緒に牛乳を買うこともありますよね?
このレシートのここはこっちで、これはあっちで、って分けて書かないといけなくなるから、続かないんです。

例えば「よく行くスーパー」「よく行くドラッグストア」「電子マネーにチャージ」というふうにしてみて下さい。具体的には「イオン」「イトーヨーカドー」「マツキヨ」「ローソン」「Suica」こんな感じです。そして、レシートの合計金額をそのまま書くだけ。お財布からレシートを出すところから考えても、3分もあれば全部終わっちゃいます。
メモ欄には気になるところだけ抜粋して、グルグルーっとボールペンで丸しておけばいいんです。例えば「今日はお米を買ったからいつもより高かった」のであれば、お米と書いて、グルグルーと○で囲っちゃうんです。

無駄遣いした自覚のあるものだけ書き出す

買ったものを全部書くのがめんどくさい方には、コレ。
自分で「あ、今日は無駄遣いした」「贅沢した」という時だけ、書き出すという方法です。「雑貨屋さんで可愛いマグネットを買っちゃった」のであれば、「マグネット540円」と書くだけ。「お魚が美味しそうだったので奮発した」のであれば、「晩御飯の魚の刺身2,000円」という感じです。

家計簿の目的って、無駄遣いを減らしていくことでもあるでしょう?じゃあ、無駄遣いしたものだけ書けばいいんです。1ヶ月で無駄遣いしたものを全部足すと、今月の無駄遣い金額が出ます。しかも、そもそも書くのがめんどくさい方向けなので、書くのがめんどくさいからと無駄遣いをやめられたら一石二鳥ですよね♪



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

利用しないともったいない!私的年金の1つ「確定拠出年金」4つのメリット

ここ数年、「貯蓄から投資へ」というフレーズを耳にすることが増えました。 少子高齢化が進む今、預貯金や国の年金…

いっち / 1381 view

払いすぎた税金を取り戻そう!医療費控除でいくら戻るの?

1年間の医療費の合計が10万円を超えた場合、税金がかえってくるってご存知ですか?

よしだ あき / 1495 view

相続対策に◎!高齢化社会による資産管理に欠かせない『家族信託』とは?

高齢化社会により、年々自分で資産を管理できない高齢者の方の数は増えています。 そんな方々の資産を管理する新た…

HF-LIFE / 1121 view

老後資金の必要額はいくら?シミュレーションでしっかり備える!

生きている限り、必ず訪れる老後。少子高齢化による人口減少で年金に対して不安に思う人もいらっしゃると思います。…

いっち / 2006 view

生命保険、医療保険、自動車保険…日本人の保険は掛けすぎ!?

保険は万が一の時に私達を助ける大切な金融商品ですが、一方で日本人は保険を掛けすぎとも言われています。保険とは…

いっち / 1304 view

子どもが緊急入院!気になる費用は1日あたりどれくらい?

小さいお子さんをお持ちのパパやママなら、お子さんの急な体調不良から入院生活を経験することも珍しくありません。…

midori / 5901 view

【子供が自転車に乗り始めたら検討したい】自転車保険について

子供が大きくなってくると、親の目が届かないところで、自転車に乗る機会も多くなりますよね。そして、あまり考えた…

tikatika / 746 view

【なかなか貯まらない!】上手なお金の貯め方まとめ

貯金しなくてはと思っているのになかなか貯められない。子どもが小さいうちはお金もかかるため、仕方がないとはいえ…

nana2boys / 3188 view

見直しで毎月の通信料が安い!スマホの料金に悩む方へ

スマホの毎月の通信料に頭を悩ませていませんか?ほとんど使っていないのに高額な請求、もったいない…。でもどうす…

myia / 1090 view

子どもが生まれたら考え始めたい、「教育資金」の費用と対策

子供が生まれたら、計画的に教育費を貯め始めたいものです。 では、いつまでに/いくら貯めればよいのでしょうか?…

いっち / 1513 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック