子供が生まれてからある程度大きくなってくると、気になるのが、習い事や教育についてですよね。一言で幼児教育といっても色々な種類のものがあって、どんなものがあるのか、どんなものを選べばいいのか、何歳から始めたらいいのか、よく分からないですよね。
そんな幼児教育について、まとめてみました。是非、子供の可能性を広げる幼児教育選びの際の参考にしていただければと思います。

幼児教育とは

幼児教育とは、幼児を対象とした教育のことです。
教育と聞くと勉強や堅苦しいものをイメージしてしまいますが、その中には、学力を伸ばすためのお勉強や、保育園や幼稚園で受ける教育、水泳やダンスなど習い事や情操教育と言われるものなど様々です。
しかし、一番忘れてはいけないのが、家庭内で両親から受けるしつけや注意も幼児教育だということです。教育の中心は家庭なのです。子供が生活をする上でのあらゆることが幼児教育につながっているんですね。

幼児教育の大切さ

子どもは、たくさんの可能性を秘めて誕生します。その可能性を開花させるためには、2歳頃~6歳頃の幼児期が最も適した重要なタイミングであると言われています。
知識や技術を一方的に与えるのではなくて、子どもの心と体、能力を一緒に伸ばしてあげることができる幼児教育を行うことが大切ですね!

臨界期について

「○○を始めるなら○歳までにしないと身につかないよ」こんな言葉を聞いたことありませんか?これ、臨界期に関係していることだと言われています。

臨界期ってなんでしょうか?
幼児期でないと身につかないことや、ある一定の時期をすぎると伸ばしづらい、身に付きづらい能力、才能があると言われています。これが臨界期です。

音楽的知性(絶対音感)…0歳~4歳くらい、論理数学的知性…1歳~4歳くらい、空間的知性…1歳~6歳くらい、言語的知性…0歳~9歳くらい、身体運動的知性…0歳~4歳くらい、社会的知性(対人関係知性)…0歳~8歳くらい、感情的知性(心内知性)…0歳~8歳くらい、と言われているのです。

幼児教育で大切なこと

どこでどんな幼児教育を受ける際にも、共通している大切なことがあります。
■親子の交流やスキンシップを大切にしましょう
■まずは好きに遊ばせてみましょう
■失敗や間違いを責めたり茶化したりせずに、認めてあげてください
■音楽やスポーツなどを取り入れて、楽しく!
■考える力を育めるように促しましょう
せっかくの幼児教育、できるならなるべく能力を伸ばしてあげたいですよね。その時に大切なことはこの5つです。常に心掛けるようにしてくださいね。

特に3つ目の「失敗や間違いを責めたり茶化したりせずに、認めてあげる」ということ。
ママもついつい教育に力が入りすぎて「ダメね!全然できてないじゃないの」と言いがちなんですが、意外とパパがおふざけでこの地雷を踏むんです。
ママとは違った感じで「なんだ、練習してもそんなもんか?」とか「ヘタクソじゃないか、全然だめだな」という言葉。普通に考えたら傷つける言葉だとわかるんですけどね。男性は茶化して言ってしまうみたいですね。そういう時はママがフォローしてげましょう。

幼児教育にはどんなものがあるの?

両親から受ける幼児教育

■しつけ、ルール
ご飯の食べ方、言葉遣い、挨拶など生活においての全てのことが幼児教育になります。
両親から教えられることだけでなく、子供は両親の背中をしっかり見ています。真似をされても恥ずかしくないように、子供のためになるような生活を心がけたいですね!
■絵本の読み聞かせ など

習いごとで学ぶ幼児教育

■音楽(ピアノやヴァイオリン、リトミック等)
■スイミング(水泳)
■サッカー
■体操(クラシックバレエやダンス等)
■絵画
特に、運動系は体を鍛えると同時に社会性も身に付くので、お子さんが興味を持っているようであれば、是非オススメする幼児教育です。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

赤ちゃんの便秘をすっきり解消!離乳食いちおしレシピ

おっぱいをあげていた頃はあんなに出ていたのに、離乳食を始めてからもう何日も赤ちゃんのうんちがでてくれない…。…

tokakko / 2833 view

【兵庫】赤ちゃん連れでも楽しめる関西の子供の遊び場5選

赤ちゃんと一緒にでかけたり遊びに行きたいけど、授乳やおむつ替えもあるしどこでもってわけにも行かないですよね。…

sumomomama / 2539 view

もう忘れない!入学や進級の時期、子どもが「忘れ物をしない工夫」まとめ

新学期早々、忘れ物しちゃうと学校で凹んじゃうし、授業にも影響する事も! 忘れ物を徐々になくしていく工夫をまと…

さくらしまこ / 6702 view

パパの子育てがより楽しくなる「イクメングッズ」を用意しよう

男の人は、結構「道具」というものに拘りますよね。色々揃えて興味をそそるアイテムをピックアップしてあげましょう…

kanakuma / 9430 view

速く走れるようになりたい子のために。家族でサポートする方法

子どもと一緒に走る練習をしませんか。そして子どもが簡単なコツをつかめるよう、家族が一番の先生になってあげたい…

サクマメグム / 934 view

【子連れお出かけ荷物】カバンを軽くするためのグッズ5選

子連れのお出かけはどうしても荷物が多くなりがちです。出先で見舞われるさまざまなトラブルに念のために持つ荷物で…

nana2boys / 21567 view

赤ちゃんの成長記録を残そう!オススメ育児記録アプリ6選

赤ちゃんの成長記録、残してあげたいけどどうしたらいいんだろう、どれがいいんだろう、と迷ってるママさんたち。簡…

ヤギヤギコ / 1915 view

抱っこ紐に悩むママに、エルゴベビーをオススメしたい5つの理由

赤ちゃんが生まれたら準備しておくと便利な抱っこ紐ですが、種類が多くてどれを選んだらいいのか分からないというマ…

ReilyLady / 1128 view

ままごと大好き!温もりある木製キッチンを手づくりしてみよう

小さい子どもは男女問わずママのまねっこが大好き!一生懸命料理したものをお皿にのせて「どうぞ~」と持ってくるま…

hinamama / 3590 view

子供も大人も楽しくて、為になる!関西の工場見学へ行こう

子供だけじゃなく大人も、みんなで学べて楽しい関西の工場見学へ行ってみませんか?普段当たり前に手にしている、ま…

kanakuma / 2289 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック