自然妊娠を望む夫婦にとって、タイミングを見ることはとても重要なことですよね!排卵日検査薬は、それを手助けしてくれる、是非活用したいアイテムの一つです。排卵日検査薬の正しい使い方、効果的な使い方、注意点をまとめました。
是非参考にしてみてくださいね!

排卵日検査薬って何の検査してるの?

排卵日検査薬とは

排卵日検査薬は名前の通り、排卵日を調べてくれる検査薬です。私たち女性の体は、排卵が起こる前に脳下垂体からLH(黄体形成ホルモン)が大量に放出されます。排卵日検査薬は、その急上昇するLH濃度の上昇「LHサージ」という現象に反応して陽性反応を起こすので、排卵が起こる数日前から使って、予測していかなければなりません。
陽性反応が現れたら、そこから36時間以内に排卵が起こるといわれます。

排卵日検査薬の陽性・陰性の見分け方

検査結果の見方は、「コントロールライン」と「テスト(結果)ライン」と呼ばれる2本のラインを見分けなければなりません。その両方にはっきりとした2本の縦線が現れたら「陽性」で、コントロールラインだけに線が現れたら「陰性」です。

正しい使い方をすれば、精度は100%に近いものだと言われていますが、使い方や見方を間違えると、陽性反応を勘違いしてしまう可能性もあります。LHは女性の体では常に少量分泌されているものなので、排卵前でなくても「テスト(結果)ライン」に薄い線が現れることがあります。
基本的には、コントロールラインと同等か、濃い線が現れた場合が陽性なので、見間違えないように注意してくださいね!

不妊治療中の方は要注意

不妊治療で薬物療法を行っている場合や、既に妊娠している時、流産・人工妊娠中絶をした場合などは、陽性が現れることがあるそうなので、ご注意ください。

排卵とホルモンと妊娠の関係

妊娠しやすいタイミングとは

そもそも妊娠しやすいタイミングとはいつなのでしょうか。
卵子の寿命と精子の寿命を考えると、思ったよりも余裕はありません。卵子の寿命は排卵してから12時間~24時間と言われています。一方、精子の寿命は2~3日間と言われています。
ですから、排卵日の前から膣内に精子をスタンバイさせておくことが大切で、精子が待ち構えている状態の時に排卵が起こることが、1番妊娠しやすくなると考えられますね。

排卵日当日が最も妊娠しやすいタイミングなのではなく、一般的には排卵日2日前に性交渉を持つことが、一番妊娠の確率が高くなると言われています。排卵検査薬で陽性反応が出たら排卵が起こる直前なので、陽性反応が出たら、その日から3日間で2回ほど性交渉を続ければ、妊娠の確率を高められるというわけです。

効果的な正しい使い方5ステップ

基礎体温をつけよう

排卵が起こる前から使うものなので、何周期か基礎体温をつけ、その基礎体温の変化から、自分の排卵を予測しやすくしておくと、より効果的に使うことができます。
生理が規則正しい方は、次回生理開始予定日の17日前から検査をしましょう。
生理不順の方は、過去の生理周期の中で最も短い周期を仮定し、次の生理予定日の17日~19日程度前から使い始めましょう。

毎日同じ時間に検査をする

1日1回、毎朝同じ時間に検査を行いましょう。排卵日が近づいてきたら、朝と夜の2回検査するようにしましょう。1日2回検査する際は、12時間間隔で検査するようにしてください。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

実は乳腺炎の初期症状!白斑ができたらどうすればいいの?

母乳育児中に起きる様々なトラブル、その一つに「白斑」があります。乳首の先にポツッとできる白いできもののような…

tikatika / 451 view

気づかないと危険!妊娠したら知っておきたい「破水」のこと

妊娠中は気がかりなことだらけ。特に、初めての出産では、わからなくて不安なことがあまりにも多いですよね。「破水…

tikatika / 433 view

痛みや傷は?妊娠したら知っておきたい帝王切開のこと

よく耳にする帝王切開という言葉。妊娠・出産の経験がある人でも、どういうものかきちんと知らない人が意外と多いの…

tikatika / 258 view

良質なベビー服をお得に買える人気アウトレット5選

赤ちゃんに着せるベビー服。やはり良質なブランドの服はおしゃれで長持ちします。お祝いのギフトにも喜ばれますよね…

pippo / 448 view

安産効果抜群!?出産までに骨盤ゆるゆる!マタニティヨガに挑戦(^^♪

妊娠中のストレス解消や、運動不足解消、また安産効果を高めるとして、最近産院でも実施されている、マタニティヨガ…

HF-LIFE / 15389 view

誰もが悩むはず!聞きたくても聞けない妊婦さんの便秘の解消法

妊娠中に便秘を訴える妊婦さんって結構多いのです・・妊娠したらお世話になるかもしれない簡単にできる便秘の解消法…

rinsei42 / 439 view

出産をするなら無痛分娩!「無痛分娩」の仕組みと気になる費用

無痛分娩は、欧米では主流の出産法です。日本ではまだまだ一般的ではありませんが、自然分娩と違い、お母さんがリラ…

Le Petit Bateau / 454 view

いろいろな世代に喜ばれる出産内祝い&お返しオススメ5選

出産してみんなからお祝いをいただいて幸せな時間。そろそろ内祝い贈らなきゃどうしよう…と悩みますよね。いろいろ…

kukka / 328 view

産休はいつから取れる?産休制度はワーキングママの強い味方!

出産しても働きたい!という女性にとって産休制度はとても心強い味方です。安心して新しい家族を迎えられるよう、い…

hinamama / 194 view

知っておきたい基本的な無痛分娩のリスクとメリット

出産をまだ経験していないママさんはとても不安で仕方ないはず。経験しているママもあの痛みさえなければ、と思って…

nakou / 314 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック