夏のイベント:七夕

七夕といえば、毎年7月7日の夜に願いごとを書いた色とりどりの短冊や飾りを笹の葉につるして、星にお祈りしますよね。ママやパパも小さいころ、短冊をつるして織姫と彦星にたくさんの願い事をお祈りしたのではないでしょうか。
そんな七夕の由来やロマンチックなストーリー、歌や有名な七夕祭りをご紹介します。これで子供たちに「七夕って何?何で七夕するの?」と聞かれても答えられますね!

七夕の由来

七夕ってそもそも何でしょうか?いつからどのように始まったものなのでしょうか?

七夕は昔から行われている日本のお祭りで、「たなばた」や「しちせき」と読まれ、一年間の重要な節句をあらわす五節句のひとつにも数えられています。
■「人日の節句(1月7日)」
■「上巳の節句(3月3日)」
■「端午の節句(5月5日)」
■「七夕の節句(7月7日)」
■「重陽の節句(9月9日)」
織姫と彦星の伝説が有名ですが、その起源は諸説あります。
①「棚機(たなばた)」という織り機で織った着物を、乙女が棚にそなえ、神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり、人々のけがれをはらった神事
②中国の行事で、7月7日に織女星にあやかって「はた織りや裁縫が上達するように」とお祈りをする風習から生まれた「乞巧奠(きこうでん)」
現在の七夕はこの二つの起源が合わさったものとも言われています。

日本での七夕

平安時代には、宮中行事として七夕行事が行われるようになり、宮中の人々は桃や梨、なす、干し鯛、アワビなどをお供えして星を眺め、香を焚いて、楽を奏で、詩歌を楽しみました。夜つゆを「天の川のしずく」と考えて、それで墨を溶かし梶の葉に和歌を書いて願いごとをしていました。
江戸時代になり、七夕行事が五節句の一つとなると、七夕は庶民の間にも広まっていきました。やがて全国的に行われるようになり、人々は野菜や果物をお供えして、詩歌や習いごとの上達を願いました。そして、梶の葉のかわりに五色の短冊に色々な願い事を書いて笹や竹につるし、星に祈るお祭りへと変わっていき、現在の七夕の形になっていきました。

織姫と彦星の伝説

七夕といえば、織姫と彦星の話が有名ですよね。
織姫は琴座のベガと呼ばれる織女(しゅくじょ)星で、裁縫の仕事を、彦星は鷲座のアルタイルと呼ばれる牽牛(けんぎゅう)星で、農業の仕事を司る星と考えられていました。
この2つの星は旧暦の7月7日に天の川をはさんで最も光り輝いているように見えることから、この日を1年で一度のめぐりあいの日として、ロマンチックな七夕ストーリーが生まれました。

七夕に笹を飾るのはナゼ?

七夕では笹の葉に短冊を吊るしますが、それはどうしてでしょうか。

笹は昔からとても神聖なものとして扱われてきました。笹は根強く繁殖力も高く、冬場でも青々としている事から生命力が高く、邪気を払う植物として神事などにも使われるほどでした。
また、虫などをよける効果もあり、当時の稲作で笹をつかて虫除けをしていたことや、天に向かってまっすぐ伸びる笹が、願い事を空の織姫と彦星に届けてくれると考えられていたことから、笹や竹が使われるようになったようです。

短冊の色の意味

七夕で飾る短冊には「願い事がかない、字が上手になりますように」という願いが込められており、「たなばたさま」の歌でも歌われるように五色の色が使われています。なぜ五色なのでしょうか?

短冊に使われる「青(緑)・赤・黄・白・黒(紫)」の五色は、中国の陰陽五行説にちなんだものだとされています。
■青(緑)=木
■赤=火
■黄=土
■白=金
■黒(紫)=水
をそれぞれ表し、「この世のすべての根源である」という意味を持ちます。この五色は日本の様々な文化や歴史に深く関わっていて、年中行事でも使われことが多い色です。
言われてみれば、確かによく使われている気がしますね。

七夕飾りの意味

短冊の色以外にも、七夕で飾るものには、それぞれ意味があります。
■紙衣(かみこ):裁縫の上達、着るものに困らない、災いを人形にうつす
■巾着(財布):金運上昇
■投網(網飾り):豊年豊作大漁
■屑籠(くずかご):整理、整頓、物を粗末にしないように清潔と節約を心掛ける
■吹き流し:織姫のように機織が上手になるように
■千羽鶴:長寿を願う
それぞれの意味を理解した上で、飾りつけをするとまた思い入れが違ったものになりますね。

七夕飾りの作り方まとめ



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

すぐ元が取れる♪年間パスポートがお得な関西のテーマパーク12選

以前は関東をご紹介したので、今回は関西で年パスがお得なテーマパークをご紹介します。是非、お出かけのお役に立て…

ヤギヤギコ / 1302 view

休日は茨城へ子連れで行こう!子供に人気の遊び場5選

北関東のひとつ、茨城県は東京から少し足を伸ばすと行ける楽しいスポットが実は沢山あるんです。今度の休日どこへ行…

pippo / 1434 view

クリスマスデートで行きたい!都内の穴場イルミネーション10選

クリスマスデートにイルミネーションは定番ですが、東京都内はどこも混雑していて満足に見られないこともありますよ…

snowsnow / 3943 view

【海遊館】大阪の水族館は周辺施設が充実!子連れも安心♪

ファミリーでもカップルでも楽しめちゃう海遊館。車でも電車でも、昼でも夜でもOKです。思い立ったらふらっと行け…

ひらり / 1431 view

子供連れで絶対行きたい!シャトレーゼの工場見学がお勧めな理由

皆さん【シャトレーゼ】ってご存知ですか?本社を山梨県甲府市に構え北は北海道から四国を除き全国に店舗を展開する…

tokakko / 2039 view

【男の子用】インターネットで買える!かわいいキッズ浴衣5選

家族の夏イベントに欠かせない浴衣。男の子用デザインのキッズ浴衣は、遊び心たっぷりのキュートなものから、本格的…

tujico / 1414 view

家族で沖縄旅行!ちゅら海水族館とおすすめ観光スポット5選

子連れ旅行に人気の沖縄。ちゅら海水族館はもちろん、子どもと一緒にたのしめるおすすめスポットをご紹介します。

サクマメグム / 659 view

東京にもあった!子供と自然を満喫できる屋外遊び場おすすめ5選

都内にいながら、たまには子供には自然があるところで遊ばせてあげたいと感じたことはありませんか。東京都内にある…

naashan0225 / 409 view

暖かくなったら子どもと春を探しに行こう♪かわいい春の花7選

暖かくなってきたら、子どもと春の花を探しにいきませんか?道端などで、よく見かける花や、楽しく遊べる花をご紹介…

minmama / 1235 view

子連れで結婚式出席。マナーと準備しておきたいものをチェック!

子どもと一緒に結婚式へ!事前に準備しておくべきポイントと便利グッズをご紹介します。素敵な一日となりますように…

サクマメグム / 2879 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック