赤ちゃんにとってのお水遊びは、五感を刺激してくれるもので、大きくなってから水嫌いで困らないようにするための大切な遊びです。そんなお水遊びをするときに必要になるのが、水着ですよね。
赤ちゃん用といえども、大人顔負けに様々な種類の水着があって、選ぶのも一苦労ですよね!そんな種類が豊富な赤ちゃん用の水着選びの注意点をまとめました。
是非、参考にしてみてくださいね。

ベビー水着にはどんな種類があるの?

大きく分けると2種類です。つなぎタイプのものとセパレートタイプのもの。
つなぎタイプは、ワンピースやグレコなど。セパレートタイプは、ビキニなどが有名ですね。
最近は、ワンピースでもパンツがついていてセパレートになっているものや、ビキニでもラッシュガードビキニのように、お腹が隠れているものもあって、種類も豊富です。つなぎとセパレートのイイトコ取りみたいですね。
また、さらには「ベビーラップ」と呼ばれている、ウエットスーツで赤ちゃんを包んだような水着まであり、種類も形も様々です。

水着を選ぶ時の注意点

種類は豊富ですが、パパやママが買う時に気にしたらいいポイントは5つです。

サイズはピッタリのものを買うべし

洋服だと、少し大きめのものを買って長く着られるようにすることもありますよね。
でも水着だと、お水遊びをしているうちに、おむつの重さや水分でビヨーンと伸びてくるので、気がつくと肩ひもが落ちていたり、着てる意味がないという事態が起こりかねません。また、体のサイズにあってないと、水着部分に余計な水圧がかかるので、赤ちゃんは動きづらくなってしまいます。
思いっきり遊ばせてあげるためにも、毎年買い換えるつもりで、体のサイズにあった水着を選ぶようにしてあげてくださいね!

ビキニタイプよりもワンピースタイプを選ぶべし

赤ちゃんのビキニの水着姿って可愛いんですよね!色や柄も豊富で、着た時にポッコリお腹が出ててキュート!なんですが、ベビー水着を選ぶ時のポイントは体温を逃さないこと、赤ちゃんの体を守ることです。紫外線対策の面でも、水着の面積が広い方が赤ちゃんを守ってくれます。UVカット効果のある生地を使っているものだとなお良しですね。
ワンピースタイプのように、多少動いても脱げにくいものを選んであげてください。
お腹が出ているビキニタイプはお家で遊ぶ時に使ってあげてくださいね。

ストレッチの効いているものを選ぶべし

赤ちゃんと言えども、大人が思っている以上に動きます。
綿タイプの水着も可愛いのですが、水分を含んだ綿って擦れると痛いんですよね…
綿タイプのものではなく、擦れの少ない伸縮性のあるストレッチ素材を使った水着をオススメします。

カラフルな色や柄の水着を選ぶべし

人がたくさんいるプールに行く場合、すぐに目視できるように、目立つ色や柄の方がオススメです。
お水遊び中に目を離さないのはもちろんですが、人が多いとどうしても見失いがちになりますよね。そんな時でも、目立つカラフルな水着であれば、すぐに見つけることが出来るので、オススメです。
でも、装飾は少なめの方が、引っかかる心配がないのでいいですね。

保温のできるラッシュガードのような羽織ものを用意しておくべし

お水の中だけでなく、お水から上がった時の保温も大切です。
バスタオルなどを用意しておいて、包んであげるのもいいのですが、赤ちゃんって動きたがりますよね。一人歩きができる子ならなおさら。
そういう時には、ラッシュガードのような羽織ものを一枚着せてあげるだけで、かなり違います。その際は着脱しやすいようにジップアップタイプのものを選んであげてくださいね!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

全国47都道府県で開催!親子で楽しめるしまじろうコンサートとは?

全国47都道府県で開催予定の、しまじろうコンサート。 しまじろうコンサートは親子そろって楽しめることや、リー…

HF-LIFE / 4231 view

エルゴの使い方が分からない?新米ママへのおすすめ動画5選

初めての子育て。抱っこ紐はエルゴという方も多いと思います。でも使おうとしてみると「窮屈そうでけど大丈夫?」「…

ピロ子 / 1235 view

少しだけ静かに遊んでて!子供が夢中になる室内遊び5選

夕飯の支度をする間ちょっとだけ!洗濯物を片付ける間ちょっとだけ!毎日の育児の中で、少しの時間何かに集中してい…

manahaha / 2269 view

【ベビー服手作り】かわいい生地が買えるネットショプ5選

かわいいベビー服を手作りしたいと思っても近所の生地屋さんだと、種類が少なかったり、小さなお子さんを連れてゆっ…

hanako17 / 14564 view

【トラブルに巻き込まれない為に!】子どもにネットの危険を伝えるためのポイントまとめ

我が子がネットのトラブルに巻き込まれないようにするための注意点についてまとめています

さくらしまこ / 6444 view

母乳で育児のメリットは赤ちゃんにもママにもこんなにあります。

赤ちゃんが生まれた瞬間からスタートする育児。母乳育児が当たり前だった時代から、保育所などに預けて働くお母さん…

ぺこ・ママ♪ / 1532 view

エルゴだけじゃない!現役ママがオススメする抱っこ紐5選

抱っこ紐といえばエルゴが大変有名ですよね。しかし最近はエルゴ以外にも素敵な抱っこ紐がたくさんあるのです。今回…

makowork / 2008 view

赤ちゃんも花粉症に!ぐずるとママも大変!!早めの予防法6選

とってもつらい花粉症、赤ちゃんもなることがあります!赤ちゃんが花粉症になると、ママも大変!そこで、花粉症にな…

minmama / 2697 view

赤ちゃんのお宮参り、ママや赤ちゃんの服装は何を着る?

待望の赤ちゃんが生まれてほっと一息つきたいところを、生まれた赤ちゃんのお世話やなんかでママは大忙し。そんなマ…

蓮ママ / 1131 view

産後のストレス解消に役立つ♪ベビースイミングスクールの情報まとめ

ベビースイミングスクールは、たった2ヶ月の赤ちゃんでも、一緒に通うことができるスクールです。 産後のママ達の…

HF-LIFE / 4127 view

ヤギヤギコ

2歳の女の子の30代ママです。
「育児を楽しく」キーワードに執筆を行っています!
子育て経験を生かして、みなさんのお役に立てる記事を発信できたらと思います。よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック